So-net無料ブログ作成

ブラック・スワン [映画感想−は]

ナタリー・ポートマンにオスカーはじめ各賞主演女優賞をもたらした本作。
いわゆる「感動しました!」CMが作られるぐらいの大ヒットとなってるようですが、
そんなに一般的に受け入れられるようなものかな?と疑問を持ってしまうほど、
かなりいびつな、ある一人のバレリーナの妄想に満ちた物語です。
ダーレン・アロノフスキー監督作としては前作『レスラー』のようだという意見もあるようですが、
それよりは『レクイエム・フォー・ドリーム』に近い緊張感や異様さで溢れていて、
どちらかというとひっそり単館上映されて、一部で熱い支持を受けるような作品なのでは、
と思ったのですが。


ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、
元バレリーナである母親のエリカ(バーバラ・ハーシー)と共に、
バレエ一筋の生活を送っていました。
このバレエ団の次回公演作は「白鳥の湖」。舞台監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、
この公演でプリマバレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)を起用せず、
新たな主役を選ぼうとしていました。
性格な技能を認められているニナは候補の一人でしたが、この作品では、
純真無垢な白鳥と邪悪で官能的な黒鳥の両方を一人が演じなくてはならず、
ニナの完璧な踊りと生真面目な性格は白鳥には向いていても、
黒鳥を演じる力がないとトーマスに指摘されニナは悩みます。
さらにそこに新しいバレリーナのリリー(ミラ・クニス)が現れ、
その自由奔放でまさに黒鳥そのものの姿にニナは動揺してしまうのでした。


自分がわからない
blackswan_1.jpg


アロノフスキー監督の作品は、取り上げる題材や映像に独特で特殊なものが多く、
けれどもその表現の仕方は意外にベタというか、これだったらコレ、という定石のようなものを、
臆面もなく、ドンッと正面に出してくるような印象を受けます。
『レクイエム・フォー・ドリーム』のドラッグを求める姿、
『レスラー』の浪花節的とも言えそうなドサ回りぶりやトレーラーハウスなどは、
語り口としてハマってしまえばとことん面白いのですが、考えたらかなりの直球ぶり。
そして今回は、バレエというテーマだからそう感じてしまうのかも知れませんが、
あまりに少女マンガ的でストーリーはあってないようなものだし、
もうちょっとヒネリが欲しかった気がしました。
(ちなみにアロノフスキー監督は今作と『レスラー』の脚本にはタッチしてないようなのですが)
周囲からのプレッシャーと、それに対処できず徐々に精神を病んでいく主人公が、
果たしてそれを克服するのか、それともそのまま身を滅ぼすのかというストーリーには、
正直なところ目新しさを感じられず、特に舞台監督のトーマスに、
「黒鳥をうまく演じられないのは男を知らないからだ」とかいう、
今どきそんな、少女マンガかレディスコミックかとつっこみたくなるような、
(と言ってもこのへんも詳しくないんで想像で言ってますが)
ベタな展開に心の中でまいったなあとつぶやくことしきりでした。

もちろんこの作品はすべてがニナの主観のみで描かれているので、
彼女の周囲の人々の言動は真実かどうかすらハッキリしません。
もしかしたらトーマスはそんなセクハラめいたことなど一言も言ってないのかも知れないし、
(実際、ニナが彼のアパートに行っても何もなくて帰されるのとか「?」と思ったり)
さらにそのセクシャルな"強迫観念"はリリーとの関係にまでおよび、
しかしリリーとの熱く刺激的な一夜もほとんどが実際にはなかったことだとわかります。
ここまで行くと、なにかそういう"セクシャルな妄想ぶり"をただ見せたいだけなんじゃないのかとか、
ひねくれた考えまで浮かんでしまい、いよいよ自分の心が離れていく気がしました。


あなたがわからない
blackswan_2.jpg


ベタということでは観ている間、いろんな過去の作品をいろいろと思い出し、
そういう点でも新鮮さを感じられず不満が膨らんでいった気がします。
性的なことに拒否反応を起こしていく様子はあちこちで指摘されていますが、
ポランスキーの『反撥』を思い起こさせ、これがもうちょっと異常に突っ切ってくれたら、
ハネケの『ピアニスト』ぐらいになるのかも、なんてことも考えたりしましたが、
さすがに今回とっても頑張ってるナタリーとはいえあそこまでは行けないだろうしなあ、
なんてこともついつい考えながら観てしまっていました。
そう、とにかく今作のナタリー・ポートマンの頑張りは確かに素晴らしいものでした。
バレエは幼い頃に経験はあったそうですが、この作品のために1年ほど猛特訓したらしく、
素人の私からしたらかなり本物らしく見える出来栄え。
もちろんバレエシーンは本物のダンサーの代役を使用したみたいだし、
あまりにも彼女の顔のアップが多いのも、おそらく素人バレエを誤魔化すためだと思われるのですが、
けれどレッスンシーンや本番前のアップする時の身体の柔軟さなど、なかなか本物らしく見えました。
さらにヌードこそないもののかなりセクシャルなシーンを堂々と演じていて、
彼女のこれまで演じてきたキャラクターやプライベートの様子などから受ける、
どこか幼く、真面目な印象を覆す熱演で、この頑張りぶりに対しては主演女優賞は妥当だったと思うし、
その演技を堪能するという目的で観るぶんにはとても素晴らしい作品だと思います。

でもだからこそ、ナタリーのこの頑張りに対してもうちょっとストーリー自体に、
ガツンとした盛り上がりやもうひとつ深い何かが欲しかったです。
鏡を多用した映像やホラー的脅かし、徐々に"黒鳥"になっていく様子などのCG使いは、
なかなかどれも凝っていて見応えはありましたが、ニナが壊れていく状況はいろいろ描かれても、
なぜそうなるのかという内面的なことの具体的描写はなく、
それはもちろんニナ自身が自分で自分がわからなくなっているわけだし、
私たちが見せられているのはそんなニナの主観による映像だから、
おかしくなっていく様子や結果しか見えないのは当然なのかも知れません。
でも、何かもう1つ、こちらを芯から震えさせるような"真実"などを見せて欲しかったです。


何がいけないのかわからない
blackswan_3.jpg


例えばバレエの世界の競争の厳しさ、その中で彼女がどうやって今の位置を得たのか、
こんなに細い神経でどうしてここまで来れたのかや、母娘の確執、
ニナがこんな風に育ってしまったバックグラウンドなどはほとんど省略されていて、
彼女の言動や暮らしぶりなどで想像することしか出来ず、母親の過剰な過保護ぶりや、
それとは逆にあまりにも無神経な様子、少しだけ語られる母親自身の過去など、
いくつか提示されるものはあるのですが、もうちょっと決定的なこれ!というものが欲しかった。
さらにラストのオチというかケリの付け方も結局そうなるしかないのかなと思いながら、
抹殺すべきは母親では?とか、あるいはトーマスだったらなどいろんなヒネリも考えてしまい、
ニナをさらにとことん落とすか、逆に救いを与えても良かったのではないかと思いました。

ただ、純粋に怖い、そして痛い(本当に痛い!)映像の数々、
ささやきや悲鳴のような声が聞こえたりというホラー的演出はそれなりに面白く、
私は元々鏡に映る映像というのが大好きなので、合わせ鏡が延々と作り出すニナの姿とか、
その鏡の中のニナがフッと違う方向を向いたりといった映像はすごく楽しかったです。
感動作として観れば思いっきり拍子抜けというか裏切られてしまう感じなのですが、
(それでも最後は涙が止まらない!という人もたくさんいるようなのですが・・・う〜ん)
スリラーとかホラーだと思って観ると映像はとても見応えがあるし、
特にCGの使い方はあの『ファウンテン 永遠につづく愛』の、
これでもかという盛りだくさんぶりに比べたら(とは言っても結構スキでしたが)
徐々に黒鳥と化していく様子の自然さ、さりげなさが美しく薄気味悪く見応えがありました。
さすがに最後、黒鳥になりきっちゃうかのような大きな翼はいいとしても、
脚とか瞳とかはちょっとやりすぎかなあと思いましたが。

リリーを演じたミラ・クニスの自然なビッチぶりはとても良かったです。
彼女ももう少しうまく演出されていれば『17歳のカルテ』でのアンジェリーナ・ジョリーぐらいの、
強い印象を残すことも出来たかもしれないのにと思い、ちょっと残念。
なぜ急に『17歳のカルテ』?というのは、役柄的に今作でのミラ・クニスと、
アンジェリーナ・ジョリーに共通するものを感じたからというのと、
ミラ・クニスは『ジーア/悲劇のスーパーモデル』でアンジーの少女時代を演じていたこともあって、
世間的には"第二のアンジェリーナ・ジョリー"という紹介のされ方もしているようだし、
・・・ということが考えられるのですが、それよりはおそらく今作で強烈な脇役として登場するのが、
ウィノナ・ライダーだということも関係あると思います。
落ちぶれた元プリマドンナという役柄はどうしてもウィノナのキャリアと実生活を彷彿とさせ、
そんな残酷な配役も十分ホラーに思えました。


Black Swan(2010 アメリカ)
監督 ダーレン・アロノフスキー
出演 ナタリー・ポートマン ミラ・クニス ヴァンサン・カッセル
   バーバラ・ハーシー ウィノナ・ライダー ベンジャミン・ミルピエ
   セニア・ソロ クリスティーナ・アナパウ 



ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



ブラック・スワン 3枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース)〔初回生産限定〕

ブラック・スワン 3枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース)〔初回生産限定〕

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



ブラック・スワン デラックスBOX〔5000BOX数量限定〕 [DVD]

ブラック・スワン デラックスBOX〔5000BOX数量限定〕 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 2

ぷーちゃん

さすがのコメントで。
おいら。。。((ノε\)))オハズカシ
by ぷーちゃん (2011-06-04 22:31) 

dorothy

ぷーちゃんさん、こんにちは!
何をおっしゃいますやら、単なる不満たらたらの文章です。
...では後ほど遊びに行きますヨw
by dorothy (2011-06-05 02:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。