So-net無料ブログ作成

パッセンジャーズ [映画感想−は]

見そびれていた『パッセンジャーズ』ようやく鑑賞。
あまり評判よくないみたいで心配だったのですが・・・。


新米セラピストのクレア(アン・ハサウェイ)は、
ある飛行機事故での生存者5人のセラピーを担当することになります。
しかしグループカウンセリングはなかなかうまくいかず、
参加者は回を追うごとに一人ずつ減っていってしまいます。
また、生存者の一人であるエリック(パトリック・ウィルソン)は、
最初からクレアとの個別でのカウンセリングを希望。
常に躁状態のエリックはなかなか事故当時の話をせず、
突飛な行動を繰り返しクレアを悩ませます。
そんな生存者たちとのカウンセリングの中で、
次第にクレアは、事故の原因が航空会社の過失によるもので、
それを組織ぐるみで隠蔽しようとしているのではないかと疑い始めますが・・・。


クレアの疑念
passengers_1.jpg


かなり早い段階で、いわゆる「オチ」は「こんなことかな?」と、
おそらく誰でも気が付くと思うし、そしてその予想は裏切られることなく、
まあ「思った通り」となります。
この予想通りの結末を面白いと思うか、そんなのありきたりでつまらないと思うかで、
評価が分かれてしまうんだろうなと思います。
では私はどうだったかというととても楽しめたし、
最後は涙が溢れて溢れて止まらなかったぐらいです。

確かに言ってしまえば"シャマランのアレ"風なわけで(厳密に言うとちょっと違いますが)、
「またそれ?」と言われても仕方ない。
ただ"シャマランのアレ"風の話というのはそれ以前からあって、
そして以降も手を変え品を変えではないですがいろいろと出てくる。
だからもうその手にはウンザリ、という人にはホント、ウンザリなんでしょうけど、
単純にこういうのがスキ!な私にはいくらでも大歓迎なのです。
今後、このような「同じネタ」(という言い方も品がないですが)で同じような作品が作られたとしても、
きっと私は「まただよ〜」と思いながらもボロ泣きし続けると思うのです。


エリックの秘密
passengers_2.jpg


こういう話のどこがそんなに好きなのか、なぜそんなに泣いてしまうのかと言うと、
オチとかどんでん返しでびっくりは関係なく、それで泣くわけではもちろんなくて、
つまりこの手のものは人の生死に関わる話であって、
その時、登場人物たちはどうしてそんな行動をとるのだろう?とか、
どうして彼らはそんな思いに至ったのだろうというのが見えてくると、
もし自分だったらどうするだろう?人はどう思うのだろう?と、
そんないろんな思いがドッと押し寄せてきて、一気に我が身と置き換えて観てしまうからです。
自分がこの登場人物たちの誰の立場にもなる可能性があり、
状況の違いはあっても・・・つまり、人の生死に関わることは必ず誰もが直面することで、
家族や友人などの死に直面する時、そしてもちろん自分自身が死ぬ時、
その時どうなるのかを想像させられてしまうからです。

人の死でも自分の死でも、おそらく誰もがその瞬間、
何かしら心残りなことがあるんじゃないのでしょうか。
あの時ああすればよかったとか、こうしてあげてればよかったとか、
後悔の念を持ってしまったりするんじゃないのかなと想像します。
それが不慮の事故などで命を落とすようなことであればその思いはもっと強いかも知れません。
そんなことを考えるとただただ胸はひどく痛むし、そこで思うことは、
せめて後悔することをなるべく少なくしよう、
例えば誰かと日々別れる時に喧嘩したり誤解したままでいないようにしようと思います。
ついつい忘れてしまうそんなことを、こういう話は思い出させてくれるのです。


真実はどこに
passengers_3.jpg


内容そのものを細かく言えないのがもどかしいですが、
・・・まあもう一年以上前に公開されたものだしかまわないかな?とも思うのですが、
やはりそこはあまり語らないようにしたいと思います。
映画の作りとしてはサスペンス風で、ただ登場人物たちの言動は、
最初からどこかしら何か違和感を感じさせ、不思議な空気をうまく漂わせていて、
けれども強引で無理矢理な展開を見せることもなく、終わって振り返ってみれば、
「ああ、あそこでああだったのはそういうことか」と気付かされるポイントが、
きちんと各所に散りばめられていて、十分よく出来ていると思いました。
ただ、あらゆる謎の説明がついた瞬間「じゃあなんでクレアは・・・?」と思ったんですが、
生存者たちのそれぞれの事故当時の記憶が曖昧、ということでいいのかな?と理解しました。
登場人物たちそれぞれの立場によって、口調や相手を見つめる視線の違いがあり、
その辺の表し方もなかなか上手いなあと思いました。
クレアとエリックは当然恋仲となってしまうわけですが、
そうなってしまう"理由"も最後に明かされるし、
航空会社のアーキン(デヴィッド・モース)が悪人なのかどうかとか、
どこか影のある生存者の一人、シャノン(クレア・デュヴァル)の事情など、
最後に知らされる事実がいちいち胸に迫って来てしまいました。
確かにトンデモ話の部類に入るような話かも知れませんが、
私はもう、シツコイですがこういうのは大好き。大甘の点数を付けてしまいます。
まあアン・ハサウェイとパトリック・ウィルソンが主役の時点で私には合格なんですけどね。


Passengers(2008 アメリカ)
監督 ロドリゴ・ガルシア
出演 アン・ハサウェイ パトリック・ウィルソン アンドレ・ブラウアー
   ダイアン・ウィースト デヴィッド・モース ウィリアム・B・デイヴィス
   ライアン・ロビンズ クレア・デュヴァル ドン・トンプソン



パッセンジャーズ 特別版 [DVD]

パッセンジャーズ 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



パッセンジャーズ [Blu-ray]

パッセンジャーズ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

ぷーちゃん

この映画も知りませんですた。
drothyさんが、大甘の評価をするって事で
メモしておかなきゃ。(^。^)
by ぷーちゃん (2010-06-05 19:14) 

dorothy

ぷーちゃんさん、こんにちは。
ウチのブログ名は「甘口案内」ですから大概は大甘ですよ!
でもこれは、こういうのが好きって人じゃなきゃ、
ホントに「なんだよっ!?」って作品なので、
ご覧になっても怒らないでくださいね。
by dorothy (2010-06-06 02:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。