So-net無料ブログ作成

デニス・ホッパーが逝ってしまった。 [celebrities]

デニス・ホッパーが逝ってしまった。
本当に旅立ってしまった。


dennis_hopper_1.jpg


『ブルーベルベット』『ハートに火をつけて』『インディアン・ランナー』・・・。
私がデニス・ホッパーという俳優を意識し始めた1980年代後半頃、
この時すでに彼は"怪優"というような呼ばれ方をしていた気がします。
その後『トゥルー・ロマンス』『スピード』『ウォーターワールド』といった、
メジャーな作品に出演してもその怪演ぶりは変わらず、
さらに『地獄の黙示録』『イージー・ライダー』などを遡って観ると、
そこには(当然ながら)"若い怪優"がいてこれまたとても刺激的でした。
いろんな役を演じ、いろんな表情を見せても、常に根底に"狂気"を秘めたような役が多く、
ほんのちょっとの出演シーンであっても、彼の残す印象は誰よりも深かった。
そんな彼の"怪演"を観るのは本当に純粋に面白かった。
彼が登場するだけで、作品そのものに特別な力が加わるような気がしました。

昨年からガン闘病が伝えられ、今年3月のハリウッド・ウォーク・オブ・フェームでの、
あまりにもやつれた様子に衝撃を受け、この日が近いことは予期していましたが、
それが現実となってしまうと、ものすごい喪失感でいっぱいになってしまって、
そんな自分に自分でも驚いています。

どうぞ、ゆっくりお休みください。


何か1本・・・というとやはり『ブルーベルベット』で。
ものすごく短いですがいいのを見つけました。
ホッパーが最低で、最高です。



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

ぷーちゃん

確かに残念な知らせでした。
ご冥福をお祈り致します。
by ぷーちゃん (2010-06-01 21:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。