So-net無料ブログ作成

アリス・イン・ワンダーランド [映画感想−あ]

最初にこのスチールを見た時にはものすごく興奮したんですが、
公開が近づくにつれ、なぜかテンションは下がっていくばかり。
まあでも、やはりティム・バートンの新作と聞けば観に行かないわけにもいかず、
そろそろ人も少なくなってきた頃だろうしと、重い腰を上げて観て来ました。
悩んだ末の3D字幕版にて鑑賞。


不思議の国での冒険から13年、19歳になったアリス(ミア・ワシコウスカ)は、
母親とともにアスコット卿(ティム・ピゴット=スミス)の園遊会に招かれますが、
実はそれは彼の息子のハーミッシュ(レオ・ビル)が、
アリスにプロポーズするために仕組まれた会でした。
急なことに戸惑うアリス。するとそこに懐中時計を持った白うさぎが現れます。
アリスはその場から逃げ出し、白うさぎの後を追います。
するとその先には大きな穴が。おそるおそるのぞき込むとそのまま穴に落ちてしまい、
たくさんのドアがある小部屋にたどり着きますが・・・。


落っこっちゃうよ
aliceinwonderland_1.jpg


キャストが発表された時、アリスがどうしてこんなに大人なの?と不思議だったのですが、
今作ではアリスがワンダーランドに迷い込んだ6歳の時から13年後という設定で、
6歳の時と同じように穴に落ちてふたたび不思議の国を体験、
そこであらゆることを経験し、学び・・・という、なんとアリスの成長物語になっています。
一度経験しているはずの小さくなる薬や大きくなるケーキに苦労してしまうのは、
アリスが昔のことを記憶しておらず、すべては夢だったと思っているから。
なので物語としては"その後"なのですが、原作やディズニーアニメなどでお馴染みの、
エピソードやキャラクターたちがうまい具合に登場します。
(でも、私はアリスと言えば彼女が巨大化して小屋の窓から手足を出す絵が印象的で、
あれが出てくれないかなあと期待したんですがそれはありませんでした。残念。)

そんなお馴染みのキャラクターやエピソードが、
新たにティム・バートン風味に味付けされ登場するのは、見ていて単純に楽しい。
またハートのジャック(演じるのはなんとクリスピン・グローヴァー!)のような、
この作品オリジナルのキャラクターも登場して、これまたなかなか魅力的。
ところが、なぜか観ていて思ったほど心が躍らないのです。
事前にスチールで見ていたマッドハッター(ジョニー・デップ)、
赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)、白の女王(アン・ハサウェイ)は、
ちょっとチカラ入り過ぎなんじゃないの?という作り込みぶりで、
どんなスゴイことになるのかと期待していましたが、
これが意外とあっさりしているというか、狂いっぷりが物足りないというか、
予告編やスチールで観た以上のものは感じられず。3Dなのに!


帽子のない帽子屋
aliceinwonderland_2.jpg


ティム・バートン作品といえば独特のダークな世界、キャラクター造形などが魅力的で、
今回も赤の女王の巨大な頭なんてさすがに強烈だなあと思ったんですが、
そんな"ティム・バートン印"はちらほらと見えはするものの、
ストーリー展開も含めてかなり"普通"で、どうしても引き込まれるものがありませんでした。
これは『チャーリーとチョコレート工場』の時も感じたのですが、
毒っぽさというのか、どこか皮肉めいたような部分がないこともないのですが、
チョコレート工場もアリスも、どちらもクレイジーなストーリーと登場人物で、
ティム・バートン的世界にとても合いそうなのに、想像したよりもはるかにおとなしめ。
なんとなくうまくまとめようとしているような、最後は人情ドラマに持って行こうとするような、
それはそれでもいいのだけれど、もうちょっと毒々しい部分を見せて欲しかったなと思いました。

今回は当然主人公はアリスなのですが、実質ジョニー・デップがメインであることは、
彼の名前がトップに登場することやポスターのデザインからもわかることで、
それはジョニー・デップという名前の大きさ、ティム・バートンとの関係など、
様々な理由はあると思いますが、彼にアリスを演じさせるわけにはいかないのなら、
(インタビューでは"ティムにアリスをやれと言われればやるよ!"なんて答えてましたが)
マッドハッターというキャラクターをオリジナルよりはるかに大きくする必要がある。
そうすると、単にどこかネジのゆるんだ不思議の国の住人というだけではいられなくなって、
その結果、誰よりもアリスを信頼し、導いて行く"まっとう"な役となり、
それがそのまま"つまらなさ"に繋がってしまったような気がします。
ただただ"なんでもない日"をお祝いしていたり、自分のことばっかり喋ってたりして欲しかった。

赤の女王は一番狂ってる感を出していそうで、単なる暴君の域を出ていないような。
大きい頭と派手なメイクに騙されそうだけど、何度も素の表情が見えて、
まあでも、そこが面白かったと言えば面白いキャラクターではありました。
それよりは白の女王が、何も知らないお姫様のようで一番残酷というのが、
『オズの魔法使い』における北の魔女の、良い魔女だけどどこか冷徹な感じに似ていて、
全身真っ白という以外、ほとんどいつものアン・ハサウェイなのに、
一番フリーキーだったかも知れない。彼女はすごく良かったです。


かなりバートン風味
aliceinwonderland_3.jpg


ほかに、奇妙な双子の顔がどこかで見たようなと思ったら、
『リトル・ブリテン』のマット・ルーカスだと最後に知って納得。そのまんま!
第一声ですぐにわかる青い芋虫のアラン・リックマン、
チェシャ猫はスティーヴン・フライ、白の女王の家来犬がティモシー・スポール、
最後にアリスが戦いを挑む(!)恐竜ジャバウォッキーがクリストファー・リーと、
声の出演にイギリスの名優をずらりと揃えたところも、まあ実に贅沢というかなんというか。

さて今回、初めてワーナーマイカルにて3D鑑賞したのですが、
メガネの軽さと一回使い切りで持ち帰りできるのはちょっと嬉しかったのですが、
評判ほどの映像とは・・・これがかなり残念なものでした。
全体にピントが甘く、暗く、結構なストレスを感じながらの鑑賞でした。
ワーナーで採用している方式は確か評判が良かったと思ったのですが、
ということはこれはもしかしたら何かのトラブルなのか、
それとも私の視力の問題なの?などいろいろ考えましたが、
どこにクレームを付けていいのかもわからないし、
プラス料金を払ってこれとは・・・と、本当に本当に残念でした。
ほかの劇場やほかの3D方式のものと比べる必要があるのかも知れませんが、
そんな時間も金銭的にも余裕はありません。


赤の女王とかわいそうなカエルさんたち
aliceinwonderland_4.jpg


TOHO系の重い3Dメガネはどうしてもイヤだったし、IMAXまで行く元気も余裕もなく、
本当は2Dで観たかったのですが、2D上映しているところは驚くほど少なく、
その上、私の行けそうな2D上映館は吹き替え版ばかり。
確かに劇場としては3D上映できるのであればそのほうが儲かるのかもしれないし、
世は3Dブームなのかもしれないし、でももう少し選択の余地があってもいいのではないかと思いました。
3Dを巡る状況は今はまだ始まったばかりと言ってもいいし、
この先どうなるかわかりませんが、もう少しいろんなことが改善されるのを期待したいです。
2D上映もあるのに場所によっては3Dしか選択できないというのは、
料金を余計に払わされるということも含めてかなり不公平。
それでこんなに不安定で不安要素が多いのでは、今後は手を付けるのに躊躇してしまいます。
そこで決めました。3Dは可能な限り避けよう、2Dで観れるならそちらを優先し、
あとはパッケージ化されるのを待とう、と。もちろん作品にもよると思います。
『アバター』のようなものは3Dで観るべきものだったと思うし。

話をアリスに戻すと、今作での3D効果はほとんど感じられず。
ちょっとこれみよがしな感じも受けて、せっかくのティム・バートンなんだから、
ストレートに自分の映像美のようなものを貫いて欲しかったです。
私の最悪な鑑賞状況のせいだったかも知れませんが、
全体にスケールが小さくちまちました印象を受けたし、
これが3Dにするためにそういう風になってしまったのか、
そもそもが失敗作なのかはわかりませんが、
ストーリー展開のつまらなさも併せて、もう少しなんとかならなかったものかと。
もう一度、2Dのきれいな映像で観て判断したいと思いました。
ティム・バートンに過度な期待をする方が悪いのかな?
でも彼に何度も楽しませてもらった者としてはどうしたって期待してしまいますからね。


Alice in Wonderland(2010 アメリカ)
監督 ティム・バートン
出演 ミア・ワシコウスカ ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター アン・ハサウェイ
   クリスピン・グローヴァー マット・ルーカス スティーヴン・フライ
   マイケル・シーン アラン・リックマン バーバラ・ウィンザー
   ポール・ホワイトハウス ティモシー・スポール ティム・ピゴット=スミス
   レオ・ビル クリストファー・リー



アリス・イン・ワンダーランド [DVD]

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: DVD



アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 4

堀越ヨッシー

dorothyさん、こんにちは。
オイラも最初スチールを見た時にはそれなりに期待感を抱いた(確かdorothyさんのブログだったと記憶してますが)んですが、なんだかこのままスルーしそうです。
 
本編を観ていないオイラが言うのも気が引けるのですが、オイラが映像を観て一番強く感じたのは“閉塞感”でした。これはひとえにCG映像が多用されている影響が大きいですね。異世界を描いた作品だから仕方がないのかもしれませんが、原因はそれだけではないようです。
例えば、予告編でも流れていたマッドハッターがテーブルの上を歩く場面。屋外であるはずなのに、映像に広がりがまったく感じられません。実際はスタジオで撮影して後で背景を合成する...というスタイルが、どうも好きにはなれないのです。そこいくと「かいじゅう〜」はちゃんとロケをしていて好感が持てました。まあ、スタジオ撮影でも別に構わないんですけど、あまりCGに頼ってしまうのもどうかな?と思っちゃいます。赤の女王の間もそうですけど、セットぐらいはきちんと作って欲しいなあと思います。
 
ところでダニー・エルフマンの音楽はどうでした?。「ウルフマン」では及第点な出来だったんですが...。
 
すみません...長文失礼しましたッ!(^皿^;)
by 堀越ヨッシー (2010-05-22 10:05) 

ぷーちゃん

アリス、観るつもりだたけど
何かが引っかかって…
drothyさんのコメント見て、納得。
主役がアリスじゃないもんね。
DVDでいいかって、かなり妥協に
傾きそうです。^^;
by ぷーちゃん (2010-05-22 16:16) 

dorothy

堀越ヨッシーさん、こんにちは。
おっしゃるように閉塞感みたいなものは確かに感じました。
3Dメガネごしでしかもぼやけた映像だったせいもあるかなと思うんですが、
引きの絵だとすごくちっちゃい箱庭の中の世界のようで、
それと3Dを意識しての構図なのか、各キャラをキチンと並べて置いてみましたっていう、
ちっちゃい人形劇を観ているような感じを時々受けました。
不思議の国なのでどんなにウソくさい世界でもアリかなって思うので、
全部CGで描いてしまっても別にいいとは思うんですが、
もう少し上手に描いて欲しいなあと思うこともたびたびありました。
そういうのはCG作る会社の技術的な問題なのかな?そういうのは全然詳しくないので・・・。

動物系のキャラクターがもうちょっと個性的で毒々しい感じとかだと良かったかな。
ちっちゃい双子はすごく好き!でしたが。
全体的にティム・バートンみたいでティム・バートンじゃない、という感じ。
スチールを見るとジョニー・デップの衣装なんかすごく凝ってて、
そういうのはちゃんと観たかったんで、WOWOWあたりで放送したら、
もう一回ちゃんと観たいです。ソフト買うとは言わないw

あとダニー・エルフマンは良かったと思いますよ!
テーマ曲かな?が子どもの合唱が入っていてすごいコワイw
ああやっぱりダメですよ、ヨッシーさんも観るべきですよ〜!
by dorothy (2010-05-22 20:42) 

dorothy

ぷーちゃんさん、こんにちは。
観た人にことごとく評判悪いんで、私もなかなか観る気になれなくて。
でもものすごいヒットしてるんですよね〜不思議。
やっぱり日本でのジョニデ人気はスゴイってことなんだろうなと思います。
私は今回、悩んだ揚げ句に3D鑑賞法を失敗してしまったんで、
ちゃんとした映像で観ればまた感想も違ってくるかなと思うんで、
私の感想はひどく偏ったものかも知れません。
時間があったら劇場でご覧になってもいいと思いますよ。
あと、なんだかんだ言っても主役はアリスですw
この女の子、すごくカワイイので観る価値はアリですよ。
あ、ぷーちゃんさんの好みはわかりませんがw
by dorothy (2010-05-22 20:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。