So-net無料ブログ作成

ハート・ロッカー [映画感想−は]

かなりハードで観るのに体力が必要、という噂を聞き、
なかなか観に行く元気が出なかったのですが、
いよいよ上映館が減り始めて、慌てて体力付けて行ってきました。


2004年、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍の爆発物処理班リーダーとして、
ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が着任します。
無謀なやり方で爆弾処理を行うジェームズに、
同じチームのサンボーン三等軍曹(アンソニー・マッキー)や、
エルドリッジ特技兵(ブライアン・ジェラティ)は不安を感じますが・・・。


スペシャリスト
thehurtlocker_1.jpg


揺れるカメラ、ザラザラした映像、メインキャストもあまり有名でない人ばかりだし、
ストーリーも特に映画的なドラマが起こるわけではないので、
雰囲気はドキュメンタリー映画のようです。
あらゆるパターンの爆弾処理や銃撃戦などが登場するのですが、
私はそれほど緊張の連続という感じはしなくて、
本当にドキドキしたのは最初の爆弾処理ぐらい。
予備知識なく観たので、この最初のシーンに登場する兵士が、
なんだかガイ・ピアースみたいな人だなあと思ったら、
エンドロールで本当に彼だったと知りびっくり。
このファーストシーンは当然どう展開するのかわからず確かにハラハラさせられ、
そして美しいと言ってもいいぐらいの爆発映像にはさすがに衝撃を受けました。

しかしこのあと、主人公であるジェームズが登場。
自信たっぷり、爆発物を前にして「どうせ死ぬなら気持ちよく死にたい」と、
重たい防御服を脱いで処理にあたるなど、かなり無茶したりするんですが、
彼が主人公であるとわかっているせいか、失敗することなく処理出来るのだろうなという、
まるでジェームズがブルース・ウィリスであるかのようなヘンな安心感を持ってしまいました。
緊張感が思いがけず続かなかったのは、そんなヘンな理由からだったのだと思います。


持久戦
thehurtlocker_2.jpg


冒頭で「戦争はドラッグだ」というテロップが登場します。
ジェームズはまさに戦地で感覚が麻痺し、死など恐れない男なのかと思っていたら、
その後あらゆる事態に直面し、そして明らかな失敗を重ねてしまいます。
最初の頃は薄ら笑いで爆発物に向かい、仲間たちの言うことも聞かない、
本当にイヤなヤツといった雰囲気で登場する彼が、だんだん弱さを見せ始めます。
ジェームズはどうなってしまうのか、彼の仲間たちも、
そして映画自体もどこへ向かうのか、と思うのですが、
ドキュメンタリータッチに作られたことを守るかのように、
特にドラマチックな展開を見せることはありません。
実際にはいくつか事件が起こったり、あるいは何も起こらなかったりして、
その都度ジェームズは身も心も痛めつけられるのですが、
映像も演出もどこかクールに淡々と描かれるので、何かもう一歩響いて来ない感じがしてしまいました。

ジェームズはやがて任期を終え、家族の元に帰ります。
その"現実"のシーンは短く、彼と家族の様子が淡々と描かれ、
最後に彼の気持ちが彼自身の口から語られ、そして彼は決断します。
このあたりの描き方もものすごくアッサリしていて、わかりやすいというか、
ちょっとありがちな印象で意外性がないのがまたちょっと残念。
彼がこの後どうするのかも容易に想像がつくし、ここももうちょっとドラマが欲しい気がしました。


そして・・・爆発!
thehurtlocker_3.jpg


どんな目に遭っても、常に死と隣り合わせの生き方であろうと、
彼にとって戦地は、戦場は居心地が良く、爆弾処理は得意であり好きなことであり、
戦争とは自分を活かせる、生かせる場所なのでしょう。
他人から見ればなんで好き好んでとか、考えられないと思えることだけれど、
ジェームズにとっては生きがいとなってしまっている。
それがいいとか悪いとか誰にも簡単に決められないことですが、
ただやはり、それは異常なことだと思うし、十分に悲劇だと思います。

映画はそんなジェームズの生き方を淡々と描くことで、これがいいとも悪いとも断定しません。
観る側に結論を委ねているのかも知れないし、それが作品のテーマでもないのかも知れない。
しかしそのわかりにくさ、そして素っ気なさのようなものが、
かえって映画としての在り方をちょっと見えにくくしている気もしました。
それは私の理解力の無さなのかも知れませんが、結局どう受け止めればいいのか、
こんな人もいるよね、戦争は良くないよね、というぐらいで終わってしまいそうで、
それではあんまりな気もします。
そんな感想でいいのかなあという、何か煮え切らない思いで終わってしまいました。


The Hurt Locker(2008 アメリカ)
監督 キャスリン・ビグロー
出演 ジェレミー・レナー アンソニー・マッキー ブライアン・ジェラティ ガイ・ピアース
   レイフ・ファインズ デヴィッド・モース エヴァンジェリン・リリー クリスチャン・カマルゴ



ハート・ロッカー [DVD]

ハート・ロッカー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



ハート・ロッカー [Blu-ray]

ハート・ロッカー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 4

ぷーちゃん

いいですね〜。アカデミー賞受賞だからって
ズバッと切るところが。
これからもdrothyさんの名&迷解説を
楽しみにしてますよ。
これは、DVD待ちですね。

by ぷーちゃん (2010-04-22 19:39) 

dorothy

ぷーちゃんさん、こんにちは。
爆発シーンは大迫力かつ美しいので、本当は映画館で観るのがいいと思うんですが、
自宅DVD鑑賞の際は、可能な限り爆音再生をオススメしますよ。
by dorothy (2010-04-22 20:55) 

ぷーちゃん

dorothyさん、カキコ有り難う。(ペコリ)
ペプシにパクられた、こんな事まで知っている
あなた、何者?ただの映画好きとは言わせません。
(^。^)
by ぷーちゃん (2010-04-22 23:49) 

dorothy

ぷーちゃんさん、ココに書かんでもw
ペプシの件は前に私のTLでちょっと話題になってたんで知ってただけです。
日々の音色自体は何で知ったか憶えてないです。
これくらいで許してくだされ〜わたしゃ大したモノじゃありません(泣)
by dorothy (2010-04-23 00:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。