So-net無料ブログ作成

ウォッチメン [映画感想−あ]

単なるヒーローものじゃない、ストーリーが難解、残酷描写が多い・・・などなど、
事前に入ってくる情報がなかなかにハードル高そうで、
観ようかどうしようか迷っていたのですが、
あの、血の付いたピースマークのグラフィックがカンペキに私の心を捉えていたので、
頑張って行ってきました。普段はしない予習もちょびっとだけして。


1985年。アメリカはニクソン大統領が5選を果たし、
ソ連と核戦争の可能性を秘めた緊張関係が続いていました。
10月のある夜、エドワード・ブレイク(ジェフリー・ディーン・モーガン)という男が、
ニューヨークの高層マンションから突き落とされ、殺されます。
現場に現れたロールシャッハ(ジャッキー・アール・ヘイリー)は、
そこで血の付いたスマイルバッジを見つけ、事件を独自に捜査。
その結果殺された男は、以前コメディアンという名で活躍した、
彼と同じ"元"ヒーローの1人だったことを突きとめます。
コメディアンの死に不審なものを感じたロールシャッハは、
同じく仲間だったナイトオウル2世(パトリック・ウィルソン)、
オジマンディアス(マシュー・グード)、シルク・スペクターII(マリン・アッカーマン)、
そしてDr.マンハッタン(ビリー・クラダップ)らの身辺を調べ始めますが・・・。


ロールシャッハ
watchmen_1.jpg


上映時間2時間43分。ハッキリ言って長い。長いのですが、
観ている間、このままずっと続いてくれないかなあという気持ちになっていました。
確かに残酷描写が多く、思わず目を伏せてしまうシーンもあったのですが、
映像もストーリー展開もとにかく面白くて、
心地よい長さというか、不思議な感覚に囚われていました。
登場するヒーローたち1人1人の生い立ちを丁寧に説明するので、
連続もののTVドラマを一気見しているような感じだし、
"ウォッチメン"の先輩グループ"ミニッツメン"の存在も重要なファクターで、
本当に内容が盛りだくさんなのです。

その"ミニッツメン"が活躍した1940年代から、やがて"ウォッチメン"に世代交代し、
1977年にヒーローたちの活動を禁止する条例が発動され、
そして1985年の現在までの50年近くの出来事が、
タイトルバックでスチール写真やドキュメンタリーフィルムのように見せられるのですが、
これがものすごく良く出来ています。
ボブ・ディランの『The Times They Are A-Changin'』をバックに、
ケネディ暗殺やベトナム戦争、月面着陸といったあらゆる出来事が登場し、
それらにヒーローたちがすべて関与していた、という映像で、
ミック・ジャガーやデヴィッド・ボウイ、アンディ・ウォーホルにトルーマン・カポーティなどが、
彼らとともに写真に収まっていたりするのが本当に観ていて楽しい!
これを観る前にある程度の予習が必要だと思っていたのですが、
原作自体の予習より、アメリカの近代史の予習、というか復習をしていったほうが、
こういうところはより楽しめると思いました。


ナイトオウル2世&シルク・スペクターII
watchmen_2.jpg


そういったアメリカの史実から次第にずれていった”もしも”の世界。
アメリカがベトナム戦争で勝利し、ニクソンはウォーターゲート事件で失脚せず、
85年現在も在任中。
そうなったのももちろんヒーローたちの活動があってこそだったわけですが、
ヒーローがいる世界というのがそもそも"もしも"の世界なので、
この現実のようなフィクションの世界が不思議にすんなりと受け入れられる気がしました。
77年に発動されたヒーロー禁止令で引退を余儀なくされた彼らが、
ある者は引退を素直に受け入れ、ある者は依然ヒーローとしての活動を密かに続け、
ある者は素顔を晒してヒーローであった過去を売り物にして富を得ている。
そんな、ヒーローものでは普通はありえない"引退後"の姿を描いている点が、
妙に人間くさく、現実的に感じてしまいます。
そもそもDr.マンハッタン以外はスーパーパワーを持っているわけではなく、
普通の人がマスクを付けただけの"自警団"なわけだから、
(そうは言ってもものすごく強いんですけどね)人間くさくて当然なのですが。
ヒーローの時はバットマンのようなコスチュームで格好いいナイトオウル2世も、
引退した今は冴えないジャケットに冴えないメガネ、
お腹も心なしかポッテリしちゃってるし・・・と、なんともくたびれた雰囲気。
それがあることをきっかけにヒーローの仕事をしたら急にイキイキとしてしまう!
うーん、それって『Mr.インクレディブル』じゃん!
というか、こっちが元ネタなわけですね。


Dr.マンハッタン
watchmen_3.jpg


ザック・スナイダー監督が、ほぼ原作のグラフィックノベル通り忠実に映像化したのだそうで、
ストーリーだけでなく、街並みや小物などの凝りに凝ったディテールは素晴らしいの一言!
それらの膨大な情報量は一度観ただけではとてもとても目が追いつかないぐらいです。
残酷描写はちょっとカンベンですが、ぜひもう一度二度と観たい!
ディテールといえば、オジマンディアスがオフィスで使ってたのが、
どう見てもMacのSE30だったのがツボにはまりました。
彼が南極の隠れ家でたくさんのモニターで観ていた映像の中には、
アップルの歴史的TVCM"1984"があったし。マカーのツボを突きまくり!
それと、前述したボブ・ディランを始め、時代に合わせた音楽の使い方もなかなかシブイ。
印象的だったのはDr.マンハッタンの生い立ちのところで、
ずっとコヤニスカッティ風な音楽が流れていたのですが、
帰ってきて調べたら本当に『コヤニスカッティ』の音楽だったんですね。
この使い方もなかなか奥が深いと思いました。

活動の場を失ったヒーローたち。彼らそれぞれが信じる理想や正義。
それが本当の正義なのか、そもそも正義とは何なのか、
アメリカが掲げる正義は果たして世界にとって正義なのか。
そんな矛盾、そんな複雑に絡み合う彼らヒーローたちの葛藤や混沌とした社会、
ありとあらゆる問題を提起し、最後にはひとつの"結論"が出ますが、
果たしてそれが正解なのかどうか、世界に平和は訪れるのか。
悪を倒してメデタシとはいかないヒーローたちのドラマ。
この世界観はかなり衝撃的です。
アメコミなんて・・・と敬遠してたら絶対にソン!
大人のためのヒーロー物語。よかったら是非!

Watchmen(2009 アメリカ)
監督 ザック・スナイダー
出演 マリン・アッカーマン ビリー・クラダップ マシュー・グード ジャッキー・アール・ヘイリー
   ジェフリー・ディーン・モーガン パトリック・ウィルソン カーラ・グギノ



ウォッチメン コレクターズBOX [DVD]

ウォッチメン コレクターズBOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



ウォッチメン ブルーレイ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ウォッチメン ブルーレイ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray



ウォッチメンBDコレクターズ・バージョン(Blu-ray2枚+DVD1枚)

ウォッチメンBDコレクターズ・バージョン(Blu-ray2枚+DVD1枚)

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray


タグ:映画
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 4

堀越ヨッシー

こんにちは。
あー、記事のアップ先をこされちゃいましたね(^皿^)。
確かにオイラも長いなーとは感じましたが、それでも作品自体は素直に楽しめましたね。オジマンディアスを演じるマシュー・グードがかっこ良くて終始メロメロでした(^皿^)。それとロールシャッハを演じるジャッキー・アール・ヘイリーの声が渋くて、こちらもメロメロでした。
DVDが発売されたらメイキングを含めて改めてじっくり見てみたいなーと思った作品でした。...で、パンフ買えました?(^皿^)
by 堀越ヨッシー (2009-04-09 07:03) 

Morimo

ちょっと見てみたいかも。
by Morimo (2009-04-09 23:33) 

dorothy

ヨッシーさん、こんにちは。
オジマンディアス、ボウイみたいでカッコ良かったですね。
私はナイトオウル役のパトリック・ウィルソンがお目当てだったんですが(照)
最初のうちはサエないオジサンでどうしようかと思っちゃいました。
ジャッキー・アール・ヘイリーの声は本当に渋くて良かったですね。
彼がナレーションだったのはナイスでした。
ラストはちょっと泣きました。
で、パンフ買いました!ゴメンナサイ・・・。
by dorothy (2009-04-09 23:53) 

dorothy

Morimoさん、こんにちは。
手放しにオススメしていいものやら、なんですが、
できればたくさんの人に観て欲しいです。
コメント& nice!ありがとうございました。


by dorothy (2009-04-09 23:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。