So-net無料ブログ作成

無ケーカクの命中男/ノックトアップ [映画感想−ま]

2月はコメディ作品のDVDがたくさん出て嬉しい悲鳴!
というわけでまずはずーっと待ってたコレから。


ベン(セス・ローゲン)は23歳。無職。
同じように無職でどうしようもない仲間たちと一緒に、
どうしようもなく自堕落な生活を送っていました。
ある日、彼はクラブでアリソン(キャサリン・ハイグル)と出会います。
TV局で働く彼女はこの日『E!』のリポーターに大抜擢され、
姉のデビー(レスリー・マン)と祝杯を挙げに来ていたのでした。
散々酔っぱらったベンとアリソンはイキオイでそのままベッドイン。
翌朝、冷静になった2人はあっさりと別れてしまうのですが、
8週間後、アリソンは妊娠していることに気づきます・・・。


この人で大丈夫?
knockedup_2.jpg


今やアメリカのコメディ界になくてはならない存在のジャド・アパトー。
『40歳の童貞男』以来の彼の監督作は、やはりまったく期待を裏切らない傑作でした。
アパトー組作品では毎度毎度おなじみの"どうしようもない男たち"がまたもや登場しますが、
今回の男どもは、またとことんどうしようもありません。
ベンは高校時代に遭った交通事故の賠償金で暮らしているというのですが、
ではほかの仲間4人は?ちなみにこの4人とは、
ジェイソン・シーゲル、ジョナ・ヒル、ジェイ・バルチェル、マーティン・スターで、
それぞれファーストネームそのままで登場します。
彼らは”女優が映画でヌードになるシーン"の検索サイトを立ち上げようとしてるのですが、
一向に出来上がる気配はありません。
そもそもそんなサイトって・・・というオチもアリ。

悩んだ末に産むことを決めるアリソンですが、
この自堕落男ベンを見るとどうしても不安になってしまいます。
ベンはいいかげんではあるのですが優しく思いやりもあり、
自分がいざ父親になるとわかったら、悩みながらも努力し始めます。
元々、まるっきりモテない男だった彼にとっては、
アリソンとの関係をあっさり捨てる気にはなれないのです。
でも当然ながら、そう簡単に彼が立派な大人になれたりしないのがリアル。
また、同居している姉夫婦は倦怠期ともいえる状況で、
姉は夫ピート(ポール・ラッド)の浮気を疑っていたりする。
そんな先輩夫婦を見ていると、アリソンはやはり不安でいっぱいになってしまうのです。


姉夫婦も危うい
knockedup_3.jpg


子どもができるというその事実の前では、誰もが右往左往してしまう。
想定外だった彼らにしてみたらなおさらのことで、
それが本人たちだけじゃなく姉夫婦や、
ぐうたらな仲間たちにまでも少なからず影響を与え始めます。
例によって下品過ぎるギャグの応酬ですが、それだけで終わらないストーリー展開は、
『40歳の童貞男』や『スーパーバッド 童貞ウォーズ』に通じる、
ハートウォーミングといってもいい雰囲気。
ベンの父親(ハロルド・ライミス)がまた実にいい人で、
息子に子どもができることを心の底から喜んでいて、
ベンに「お前の存在は宝物なんだよ」なんてことを言ってみたりもします。
この辺ちょっとグッと来てしまいました。

アリソンの姉夫婦、デビーとピートのエピソードも面白いんですが、
これが入る分、全体に若干長くなってしまった感もあって、
ここはもうちょっと切っても良かった気もします。
個人的にはもうちょっと壊れたポール・ラッドが見たかったですが。
でも、ピートの浮気の現場を押さえてみれば・・・のシーンは傑作。
まったく男ってヤツは、というところでしょうか。


困ったヤツら
knockedup_4.jpg


『グレイズ・アナトミー』は観ないので、
キャサリン・ハイグルはそれこそE!とかでしか見たことなかったのですが、
体当たり演技はアッパレだし、明るくてすごく感じイイ。
豪華なカメオ出演者も見どころです。
でも"スター"として登場するスティーヴ・カレルやジェームズ・フランコ、
特典映像だけだったのが残念なオーウェン・ウィルソンは、
全然コッチ側の人たちでしょ〜!とツッコミたくなりましたが。
姉夫婦の娘2人がすごく自然でカワイイと思ったら、
レスリー・マン(とジャド・アパトー)の本当の娘なのだそう。なるほど。

そして何と言っても困ったヤツら5人組のくだらない会話がとにかくオカシイ!
ほとんどアドリブなんじゃないかと思うのですが、
プライベートでも仲良しな人たちだと思うので、
普段からこんなことばっかり話してるんじゃないかと思われる、
下品でダラダラした会話が本当に面白かったです。
当然ながら映画ネタが多いのですが、
「『ミュンヘン』のおかげで俺たちユダヤ人がモテる」とか言ってみたりして、
この作品を観てこの会話を聞いたせいなのか、
ジャド・アパトーにスピルバーグが電話して来たらしいです。
抗議・・・じゃなく純粋にお褒めの言葉だったそう。
もうジャド・アパトー、怖いものナシな感じ。
これからも期待しています!


Knocked Up(2007 アメリカ)
監督 ジャド・アパトー
出演 セス・ローゲン キャサリン・ハイグル ポール・ラッド レスリー・マン ジェイソン・シーゲル
   ジェイ・バルチェル ジョナ・ヒル マーティン・スター ハロルド・ライミス



無ケーカクの命中男/ノックトアップ [DVD]

無ケーカクの命中男/ノックトアップ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


タグ:映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。