So-net無料ブログ作成

ドニー・ダーコ [映画感想−た]

先日、ゲイリー・ジュールズの『Mad World』という曲を耳にする機会があって、
ああこれ『ドニー・ダーコ』だ!と思い出し、
ものすごく観たくなって数年ぶりに鑑賞しました。


高校生のドニー・ダーコ(ジェイク・ジレンホール)は、
情緒不安定で夢遊病癖もあり、
今朝も路上で目を覚ましてしまいました。
1988年10月2日。彼は謎の声に呼ばれ、今夜もまた外へ出てしまいます。
そこには銀色の巨大なウサギが待ち受けていました。
ウサギは彼に言います。
あと28日と6時間42分12秒後に世界の終わりが来る、と。


不安定な高校生、ドニー・ダーコ
donniedarko_1.jpg


公開時の宣伝などがいろんな先入観を与えてしまうものだったので、
そのおかげでいろいろと想像をしながら見始めてしまい、
ラストでものすごく良い意味で裏切られた作品でした。
いろんな邪念を払い、ラストを知った上でもう一度観ると、
オチがわかっていても、このラストで胸がいっぱいになってしまいました。

最後にどんでん返しとかいうのとはちょっと違う。
夢オチでもないし、タイムトラベルの話が出て来ますが、
いわゆるバック・トゥ・ザ・フューチャー的世界とも違う。
かなりわかりにくい話ではあるので、
観ていない人にこれを説明するのは本当に難しいです。
そもそもなぜそんなことが?ということは、
何度観ても、いろんな人の感想を読んでもコレ!という答えが見つけられないのです。


物理の教師に勧められた本は・・・
donniedarko_2.jpg


ドニー自身の不安定さがどこから来るのかはわかりません。
カウンセラー通いをしていますが、
それは過去に事件を起こしたりしたせいなのでしょう。
でも私にはそれほどのことなのか、ちょっとだけ感じやすい、
この年頃の少年によくあることなのじゃないかなと思いました。
家庭環境はとても恵まれているようで、
彼の両親は、ここに出てくる大人たちの誰よりも感じよくマトモで、
ドニーのことを愛し、心から彼の状態を心配しています。
姉や妹とも他愛もない悪態をついたりしながらも、普通に仲が良い。
ヒドイのは学校の教師たちや一部のどうしようもない同級生たち。
それらにちょっとだけ敏感になってしまったり、
自分はどうすべきなのか、なんてことを考えて、考えすぎてしまう。
そんな、クラスに1人や2人はいそうな少年なんだと思います。

そんな日々の中、ある日グレッチェン(ジェナ・マローン)という転校生が現れ、
ドニーは彼女に恋をします。
周りはみんなインチキだと思っている中、彼女は唯一、大切に思える存在。
でも、彼女も複雑な家庭の事情を抱えていて、
そして、不幸な出来事が起こってしまいます。


グレッチェンとの恋は・・・
donniedarko_3.jpg


国語教師(ドリュー・バリモア)と物理教師(ノア・ワイリー)のカップルは、
まだ多少、ドニーや悩める生徒たちのことを思い、力になろうとしますが、
学校側がそれを許しません。
体育教師(ベス・グラント)や、彼女が心酔している自己啓発セミナーの教祖、
ジム・カニングハム(パトリック・スウェイジ)の存在などは、
実に笑ってしまいそうなほど不気味。
そんな学校の姿勢に無気力な同級生たちにもウンザリする。
おそらく十代の頃に誰もが感じたようなことが誇張されて描かれていて、
不思議な幻覚と共に語られることが、
ものすごく何か惹きつけて止まないのではないかと思います。

いろんな辻褄の合わないこと、いろんな"なぜ?"に答えを出さないままなのに、
何か圧倒的な力でラストまで引っ張っていく、
もしかしたらこの作品の完成度は、ものすごく奇跡的なことだったのかも知れません。
突けばボロが出そうで出ていない。
巨大なウサギの意味することも、ハッキリとしたことはわかりません。
ジェームズ・スチュワートの『ハーヴェイ』のウサギを引き合いに出す人もいるようですが、
監督のリチャード・ケリー本人は『ハーヴェイ』は観ていないとこれを否定したらしい。
ところでジェームズ・スチュワートといえば、
これは『素晴らしき哉、人生!』の逆のパターンと言えなくもない。
私が強く惹かれる理由はここにあったのかも、と、今回観て気がつきました。

ところで今回気がついたことがもう1つ。
ドニーの同級生の中にセス・ローゲンが!これはまったく知りませんでした。
もうすっかり今みたいなオジサン顔で、高校生はちょっとギリギリかも。
ジェイク・ジレンホールの16歳は、なんとか信じられそうなのに!
それにしてもジェイク君の今作の表情は、本当に胸に残って忘れられない。
また何年かしたらきっと観たくなる。
私にとって圧倒的な見えない力で何かをぐいぐい押さえつける作品です。


Donnie Darko(2001 アメリカ)
監督 リチャード・ケリー
出演 ジェイク・ジレンホール ホームズ・オズボーン マギー・ジレンホール デイヴィ・チェイス
   メアリー・マクドネル パトリック・スウェイジ ベス・グラント ジェナ・マローン
   ノア・ワイリー ドリュー・バリモア キャサリン・ロス



ドニー・ダーコ [DVD]

ドニー・ダーコ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


タグ:映画
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

minoes

★こんにちは★
(@^ー^@)ノ
そねくじを、頂に参りました。。
御縁があれば・・よろしくお願い致します。
では。。もらいますね!
☆.。.:*‥° ☆.。.:*‥°.:*‥°☆
by minoes (2009-01-17 18:52) 

dorothy

minoesさん、初めまして。
よかったら、またいらしてください。
コメント& nice!ありがとうございました。
by dorothy (2009-01-18 07:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。