So-net無料ブログ作成

ONCE ダブリンの街角で [映画感想−わ]

一昨年、劇場で何度も予告編を目にする機会があり、
そのせいで、オスカー歌曲賞を受賞した「Falling Slowly」のメロディが頭から離れず、
ずっと観たいと思っていた作品でした。


ダブリンの街角で、1人ギターを抱え歌うストリートミュージシャンの男(グレン・ハンサード)。
ある日、1人の若い女(マルケタ・イルグロヴァ)が彼に話しかけて来ます。
彼女はチェコ移民で、生活のため街で花や雑誌を売りながら、
たまに楽器店でピアノを弾かせてもらうことを楽しみにしているという。
彼女のピアノを聴いた男は、彼女に一緒に演奏することを持ちかけます。


出会いは、ダブリンの街角
once_1.jpg


男と女が出会い、音楽を通して互いの心が通じ合い・・・と来ると、
当然この2人のラブストーリーへと話が進んでいくかと思うと、
なかなかそうはなりません。
最初に男がいきなり「泊まっていかないか?」なんて誘って、
彼女に軽蔑されたりなんてこともあるのですが、
互いに好意は持っていても、恋愛へと発展する気配はありません。
男は別れた恋人が忘れられなくて、昔のビデオを観ながら曲作ったりしてるし、
女のほうは実は結婚していて、夫とは別居しているけど、
幼い娘のためにはよりを戻したほうがいいと考えている。
どちらも恋愛に関してうまくいっているわけではないのだけれど、
そんな寂しさを紛らわすように・・・とならないところがいい。
そう、2人を結びつけているのは、音楽そのものなのです。
この作品はラブストーリーより、音楽そのものが生まれる瞬間の、
その喜びを素直に見せることに重点を置いているのです。


2人の声が1つになるとき
once_2.jpg


最初に2人が楽器店で演奏するシーンは、曲自体の良さも加わって素直に感動的です。
こういう、男女2人が1つのものを作り上げていくという姿は、
どんなラブシーンよりも甘く美しく見えたりもします。
音楽そのものの持つ力というのをストレートに見せていくという、
いささか時代遅れにも思える作り方なのですが、
その直球な感じが、こちらにも真っ直ぐに伝わってくるのです。

男は、母親が亡くなって1人になった父のため実家に戻り、
家業の掃除機修理を手伝いながら路上で歌ってる。
結構いい年なのに、ハッキリ言って親の世話になってフラフラしているとも言えます。
一方女のほうは、チェコから母親と幼い娘とともに出稼ぎに来ている。
同じ境遇の人々が多く住むアパートで、質素な生活をしている。
男は彼女の生活を目の当たりにし、自分の生き方を振り返ったのかも知れません。
自分の音楽を試すため、ロンドンへ出ることを決心します。
女のほうも、生活のため諦めていた音楽への思いを、
彼の音楽に接することで思い出すことができた。
彼と共に音楽を作ることで、家族や離れて暮らす夫への思いなど、
自分がどう生きるべきかを再確認したのだと思います。


2人の思いはどこへ向かうのか
once_4.jpg


デモテープを作るため、急ごしらえのバンドでスタジオを借りて録音することになるのですが、
担当のミキサーが、最初は素人相手かと適当にあしらう感じだったのが、
彼らの演奏を聴いた途端に本気になる・・・というのも結構ベタな表現。
徹夜で録音して、カーステレオでのチェックのためにそのまま全員でドライブ、
行き先は海で、砂浜でみんなで戯れてる図なんていうのも、
ちょっと恥ずかしくなりそうなぐらいベタ。
でも、このまるっきり青春してるような(男性陣は結構年齢層高めなんですが)、
自分たちの音楽をバックに、朝日を浴びながらフリスビー・・・みたいなのって、
心のどこかの何かをくすぐるものがあるのです。
徹夜でレコーディングなんて経験はなくても、
ただ単に友だちと一晩中飲み明かして、くたびれてて、でも楽しくてしょうがないみたいな、
誰もが少なからず経験がありそうな、あの朝の空気を感じさせる。
このストレートな表現にグッと来てしまったことは、素直に認めざるを得ません。

音楽に限らず何かを作り出す喜び、そして人と出会うことの喜び、
それらが持つ力が不変なものであることを再認識させられました。
美男美女が登場し、愛を語り合うハリウッド映画も、
それはそれで夢を見させてくれるものですが、
こういう純粋で真っ直ぐな作品は、忘れていた何かを呼び覚ます、
とても不思議な力を持っていると思いました。
この美しい瞬間に、ぜひ1人でも多くの人に立ち会って欲しいと思いました。


Once(2006 アイルランド)
監督 ジョン・カーニー
出演 グレン・ハンサード マルケタ・イルグロヴァ



ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


タグ:映画
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

かぴー

はじめまして。コメント失礼します。
しっとりと染み込んでくるような映画だったと記憶しています。
ここまで音楽メインで良いのか!(笑)と見終わって思いましたけど。
これは、音楽のための映画だと割り切るところでしょうか。
あの、レコーディング後の朝のシーンは良かったですね。
僕もぐっときました。
by かぴー (2009-03-08 20:40) 

dorothy

かぴーさん、はじめまして。
この作品を観てからだいぶ時間が経ちましたが、
今でも時々、ぼんやり思い出すシーンがいくつかあります。
「Falling Slowly」のメロディもふっと思い出す時があります。
いい映画って、そういうものなのかも知れません。
コメント& nice!ありがとうございました。
by dorothy (2009-03-09 01:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。