So-net無料ブログ作成

アンソニーのハッピー・モーテル [映画感想−あ]

ウェス・アンダーソンの初監督作品、
そしてオーウェン&ルーク・ウィルソン兄弟のデビュー作です。
アメリカのクライテリオン社がついにブルーレイディスクをリリース、
『第三の男』や『ラストエンペラー』なんていう、
最初に発表されたゴージャスなラインナップの中に、なぜかこのタイトルが!?
いつかは観たいと思っていた作品だったのですが、
それほどの名作だったの!?と慌ててレンタルしてみました。
モノによちゃあ"買い"なのかも、と思いつつ・・・。


心の病で精神療養所に入所していたアンソニー(ルーク・ウィルソン)。
晴れて"退院"となった彼を迎えた悪友ディグナン(オーウェン・ウィルソン)は、
さっそくアンソニーに強盗計画を持ちかけます。
金持ちの息子ボブ(ロバート・マスグレーヴ)も仲間に加え、
大物犯罪者のヘンリー氏(ジェームズ・カーン)をバックに犯罪計画を進めていきますが・・・。


心の病?アンソニー
bottlerocket_1.jpg


元々、ウェス・アンダーソンがウィルソン兄弟と一緒に大学時代に作った短編で、
これが認められ、自ら長編作としてリメイクしたものがこの作品。
脚本はもちろんオーウェン・ウィルソンとの共作、
この時はまだオーウェン・C・ウィルソン名義です。
さすがに兄弟2人とも若い!

で、先に告白してしまうと、
実は私はどうしてもウェス・アンダーソン作品にノレなくて、
最初に観たのが『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』だったのですが、
大好きな人がこんなに出演しているのに、どうしてこんなにダメなのだろう?
と、軽くショックを受けたほどでした。
そのあとの『ライフ・アクアティック』は結構好きでしたが、
あちこちで絶賛されていた『天才マックスの世界』も「う〜ん」という感じでした。
どの作品もすごく共通点があって、画面の作り方だけ観てもすぐに、
「あ、ウェス・アンダーソン作品だ」とわかるぐらい独特なものがあって、
映像の作り方や音楽の使い方など、それは決してイヤでもキライでもない、
むしろ好きなほうなのに、いつも「う〜ん」という感想になってしまいます。
今年公開された『ダージリン急行』も、なんだか怖くて観に行けませんでした。


困ったヤツ、ディグナン
bottlerocket_2.jpg


さて、今作。強盗計画と言ってもまったくのんびりしていて、
恐ろしげでも血まみれでも(あ、血はたびたび登場しますが)ないのですが、
要するにオーウェン・ウィルソン演じるディグナンがとことん困ったヤツなわけで、
じゃあほかはしっかりしているかというとそんなこともなくて、
アンソニーはモーテルの客室係のイネス(ルミ・カヴァゾス)と恋に落ちてしまったり、
(このあたりからこの最低最悪な邦題は付けられたのでしょうか?)
ボブは自分のせいで兄ジョン(アンドリュー・ウィルソン)が逮捕されるしと、
計画はさっぱり、うまく進みそうもありません。
もちろん、この強盗計画がメインテーマということじゃなく、
合間合間のゆるーいノリ・・・いわゆるオフビートな笑いとでも言うのでしょうが、
このあたりを素直に楽しめれば、それでいいのだと思うのですが。

アンダーソン作品でよく登場する、画面の後ろのほうで何かコトが起こってるとか、
そこ、大事なところ?といいたくなるような細かいこだわりとかが、
ここでもたびたび登場します。
アンソニーとイネスがラブラブ(?)な時に、後ろでディグナンが殴られてたりとか、
本屋に強盗に入って、お金を詰める袋が小さかったり、
逃げながらもアンソニーがよくわからない本を持ち出したりとか。
その辺はどれもユルいギャグなんだと思うんですが・・・やっぱりどこか微妙。


パーティしてる場合じゃない
bottlerocket_3.jpg


ルーク&オーウェンの芸風は既に確立しているというか、
若いということ以外、まったく違和感なし。
作風がこんなだということもありますが、
このチカラの抜け具合を見てると、デビュー作なんて気負いはまったくなし。
気の合う仲間たちで作ったという気楽さもあったのでしょうが、
かといって素人っぽさはまったくなし。実にキチンとよくできています。
でも、この中で唯一のスターと言ってもいいジェームズ・カーン、
さすがに彼は登場しただけで場を持っていくというか、アヤシイ大物ぶりを発揮していました。
ボブの兄ジョンを、まさにギャフンと言わせるという表現がピッタリなシーンが登場するのですが、
ここはなんとも爽快!

原題は『Bottle Rocket』で、打ち上げ花火とかロケット花火の意味。
劇中いろんな花火を買い込み、ディグナンが何度となく打ち上げます。
花火の持つ、そのはかない雰囲気は彼らの行動、
特に計画を立てながらも行き当たりばったりのディグナンを表しているように思えました。
若さ故のはかなさ、危なっかしさみたいなものを描きたかったのかな・・・なんて、
テーマは何?と考え出すと、やっぱり「う〜ん」となってしまう。
でも、ずっと心のどこかに何かしら残っていたりもするのです。
そろそろ、頑張って『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』に再挑戦してみようかな。
何か新しい発見もあるかもしれない。


Bottle Rocket(1996 アメリカ)
監督 ウェス・アンダーソン
出演 ルーク・ウィルソン オーウェン・ウィルソン ロバート・マスグレーヴ
   アンドリュー・ウィルソン ルミ・カヴァゾス ジェームズ・カーン



アンソニーのハッピー・モーテル [DVD]

アンソニーのハッピー・モーテル [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


タグ:映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。