So-net無料ブログ作成

プレステージ [映画感想−は]

私は元々、手品というものがあまり好きじゃなくて、
この1〜2年ぐらいにもマジックブームがありましたが、
テレビがそんな番組ばかりで、その状況を結構苦々しく思っていたぐらいでした。
そんななので、この作品にはどうしても食指が動かなかったのですが、
これは、頑張って観て良かった!


19世紀末のロンドン。ロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)と、
アルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)はそれぞれマジシャンとして活躍していました。
ある日、ボーデンはアンジャーのトリックを探るため舞台裏に侵入しますが、
その時、演技中のアンジャーが舞台下で水槽に落ちて水死してしまい、
そばにいたボーデンが殺人容疑者として逮捕されてしまいます。
以前は共に同じマジシャンの元で良きライバルとして修業していた2人でしたが、
ボーデンのミスでマジシャンの助手だったアンジャーの妻ジュリア(パイパー・ペラーボ)を死なせてしまい、
そのことで2人の仲は決裂、アンジャーはボーデンへの復讐に取り憑かれていくのでした。


"ザ・プロフェッサー"ボーデン
theprestige_1.jpg


ほとんど予備知識もなく、単に"手品モノ"と決めつけていたわけですが、
マジックというよりイリュージョン、それもかなり"トンデモ系"と言ってもよくて、
そのことだけで言えば、SFと言ってもいいのかも知れません。
それはない!と思ってしまうと途端につまらなくなってしまう人もいるかも知れませんが、
私にはかえってこのトンデモな話が映画にのめり込ませてくれました。
このありえない設定が別にオチというわけでもないし、
これが仮になかったとしても充分にほかの部分で楽しめる作りだと思います。
仕掛けや伏線の貼り方が巧みで、結末を知ってもう一度観るのがまた楽しい。
このあたりが、トンデモをただオチに使って台無しにしてしまう、
シャマランなんかと違うところと言えるかも知れません。

アンジャーとボーデンの、やられたらやり返すの応酬。
この2人、本当にどっちもどっちというか、心情としてわからなくはないけれど、
だんだんとエスカレートしていく様子はまさに狂気とも言えるし、
どうしようもないマジシャンの性のようなものをすごく感じさせます。
また、どちらか一方を善人にしたり、被害者と加害者に分けたりしていないので、
どちらにも感情移入"できない”ことにより、善とか悪とかいったことはどうでもよくなってくる。
"手を汚す"という点では2人どちらも同じくらい罪深い。
この善悪をハッキリさせない、させられない感じは、
同じクリストファー・ノーランのバットマンの世界観に通じるものもあるように思いました。


"グレート・ダントン"アンジャー
theprestige_2.jpg


相手の日記を盗み読みながら自分のほうが盗まれている事実にぶつかるところや、
スカーレット・ヨハンソン扮するアシスタントのオリヴィアの"使い方"など、
観ていて「ああなるほど!」といちいち頷きながら観てしまいました。
最後まで目が離せないとはまさにこのこと。
観ている間に気がつくこともたくさんあるのですが、
最初からもう一度見返してみると、ここにもそこにもタネが仕掛けられ蒔かれていて、
それらをもう一度拾い集めていく楽しみもあります。

それとキャストがいずれも好演、とても良かったです。
ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールは本当にピッタリで、
ジャックマンの"酔っぱらいダブル"もおかしかった。
スカーレット・ヨハンソンはやはりこのくらいの出方でも存在感を感じてしまうし、
ボーデンの妻サラを演じたレベッカ・ホールという人も、
いかにもイギリスの女優さんぽくて役柄が合っていました。
パイパー・ペラーボは『コヨーテ・アグリー』の印象しかなかったのですが、
こんなにキレイで感じの良い女優さんだったかな?と驚きました。
最初の方しか出てこないのが残念。


カッターとオリヴィア
theprestige_3.jpg


ニコラ・テスラ役のデヴィッド・ボウイ!
すっかり丸いおじいちゃんになっててビックリでしたが、時折見せる鋭い眼差しと狂気はさすが。
その助手役のアンディ・サーキスも、いかにもマッドサイエンティストの助手という雰囲気。
この配役はウマイ!と思いました。
そして何と言ってもカッター役のマイケル・ケイン!
バットマンでのアルフレッド役にも通じる、主人公たちを支える役回り、
そして彼が最後に起こす行動の正しさ!
いつも通りと言ってしまえなくもないですが、
彼の存在がこの作品に誠実さや暖かさを添えていたと思いました。

バラバラの時系列、そこかしこに隠された秘密、
作品そのものが大きなマジックでありイリュージョンであるとも言える。
まさにプレステージ=偉業と言える作品。
いつも"食わず嫌いはソン!"とか言いながら、うっかりソンするところでした。


The Prestige(2006 アメリカ/イギリス)
監督 クリストファー・ノーラン
出演 ヒュー・ジャックマン クリスチャン・ベール マイケル・ケイン スカーレット・ヨハンソン
   デヴィッド・ボウイ アンディ・サーキス パイパー・ペラーボ レベッカ・ホール



プレステージ コレクターズ・エディション [DVD]

プレステージ コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ
  • メディア: DVD



プレステージ [Blu-ray]

プレステージ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ
  • メディア: Blu-ray


タグ:映画
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。