So-net無料ブログ作成

さようならポール・ニューマン [celebrities]

ついにこの日が来てしまいました。

昨年、高齢や体調不良を理由に引退を表明、
また今年の春頃からがん闘病のニュースがたびたび伝えられていましたが、
26日に自宅で亡くなられたそうです。

幼い頃に観た『スティング』で、映画の"面白さ"というものを初めて知りました。
それから『明日に向って撃て!』『暴力脱獄』『ハスラー』『熱いトタン屋根の猫』と、
若い頃に遡って行くほどに、そのクールな瞳、唇の端を少しだけ持ち上げるような微笑みに夢中になりました。

ミーハーだった私は、彼のドレッシングやパスタソースもせっせと買いました。
「レストランのサラダがまずかったから」なんていうドレッシング誕生秘話を聞いては彼らしいなあと思ったり、
後にそのドレッシング類の売上を寄付していたなんて話を聞くと、やっぱり彼らしいなあ、と思ったり。

年を取ってからの彼は『ノーバディーズ・フール』や『メッセージ・イン・ア・ボトル』
『ゲット・ア・チャンス!』『ロード・トゥ・パーディション』など、
そのクールさに、イキで、ちょっとやんちゃなおじいさんのイメージも加わり、
彼の出演によって輝いたと言っていい作品も少なくありませんでした。

最後に彼の姿を観た作品は、テレビドラマの『追憶の街 エンパイア・フォールズ』。
主人公エド・ハリスの、奔放でちょっと困った父親を演じていましたが、
確かに年は取ったけれどブルーの強い眼差しは健在で、それがすごく嬉しかった。
この作品は愛妻ジョアン・ウッドワードとの共演ということでも強く心に残りました。
そして最後は『カーズ』のドック・ハドソンの声。
こうして見ると、本当につい最近まで元気で活躍してくれていたのだと思い、
感謝の気持ちでいっぱいです。


paul_newman_1.jpg


ありがとう、本当にありがとうございました。
大好きでした。
安らかにお休みください。

タグ:映画
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

hash

>感謝の気持ちでいっぱいです。
同感です。
いい映画がたくさんありますが、個人的には「評決」が印象的です。

by hash (2008-09-28 17:44) 

dorothy

hashさん、コメント& nice!ありがとうございます。
私も『評決』は大好きです。彼の中年期の作品では確実にベスト1、
全作品でもベスト5に入ると思います。


by dorothy (2008-09-29 01:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。