So-net無料ブログ作成

ハード キャンディ [映画感想−は]

一部で評判が良かったので観たいと思っていた作品。
『ジュノ』のエレン・ペイジ・・・よりも、
『オペラ座の怪人』のパトリック・ウィルソン目的です(きっぱり)


ネットのチャットで知り合ったジェフ(パトリック・ウィルソン)とヘイリー(エレン・ペイジ)。
ジェフは32歳のカメラマン、ヘイリーは無邪気さと大人びた物言いが同居する魅力的な14歳の少女。
意気投合した2人は実際に会うことになり、そのままジェフの家へ向かいます。


ロマンティックなシーンではありません
hardcandy_1.jpg


・・・疲れました。
主なキャストは4人。ですが、ほぼジェフとヘイリーの2人のみで話が進みます。
(3人目はなんとサンドラ・オーなんですが、ほんの一瞬しか出てきません。)
密室でタイヘンなことになってしまうので息苦しさもしょうがないところですが、
2人の感情や駆け引きを強調するように、とにかく顔のアップが多いのも息苦しさの理由かも知れません。
ストーリーとしては「?」がいっぱいなんですが、
2人の演技、そしてスリラーとしての話の引っ張り具合を楽しむのには充分見応えのある作品です。

真実は何なのか、ジェフは善人なのか悪人なのか、
ヘイリーの真の目的は何なのかが最後までわかりません。
日本で言うところの「出会い系」サイトでの出会いで、
ジェフはヘイリーが14歳であることを承知していたわけなのですが、
実際に会ってからの彼の言動は紳士的で、彼がいわゆる"ロリコン趣味"のように見えません。
ジェフの家に行くのもヘイリーの提案で、
ジェフは「そんなことをすると異常者と思われる」と乗り気でないように見えます。
これは彼の正直な気持ちなのか、演技なのか、いつもの"手"なのか。
一方のヘイリーは無邪気に恐ろしいことを次から次へと繰り出していくのですが、
彼女のそこまでする動機もまったくわかりません。


あどけない瞳の真実は?
hardcandy_2.jpg


ある少女の行方不明事件があり、それが関係していることが後々わかるのですが、
ヘイリーの行動の根拠として一番考えられるのは、
彼女がその行方不明の少女の友だちか身内ではないのか、ということです。
そうでなければ、チャットで片っ端からロリコン男を引っかけ、
少女特有の強い思い込みで悪人成敗するスーパーヒロインなのか。
いずれにしても、彼が受けるひどい仕打ちは本当にそんな目に遭うほどなの?と、思わせ、
どうしてもジェフに感情移入してしまいます。
拷問シーン、特にメインの"去勢手術"シーンは、
女の私でも見ていられず、男性は本気で汗が噴き出ることでしょう。
ここまで来ると、単に少女が大の男を拷問するだけの映画を作りたかったのでは?と思うし、
よほどちゃんとしたオチが容易されてるんだろうな、と思ったんですが。
・・・恐ろしいことに、結局その理由は最後までわからないままなのです!

ラストはどうしても納得がいきません。
ここからラストに関することを書きますので、未見の方は読まない方がいい・・・かも。
まだ余裕のある頃のパトリック・ウィルソンの写真でおしまいにしてください。


かわいそうすぎます
hardcandy_3.jpg










彼が最後に言ったことが本当なら、罪はそれほど重くはないと思うし、
(ただそれを証明する術はないですが)
彼には何も失うものはなかったはずだからです。
例えば妻や子どもがいるとか、社会的地位を失うということがあるなら、
そういう判断に出てもわからなくもない。
でも彼にはそういうことはなかったはずです。
どんなに昔の彼女を愛していたのかわかりませんが、
彼女に真実を知られることがそんなに怖いことなのでしょうか?
男はそんなに純情なのだよ、ということを言いたかったとも思えませんし・・・。

理不尽な理由で男がやられっぱなし、ということで、
まるで『危険な情事』みたいだなあ、と思いました。
私は本当にジェフがかわいそう過ぎて、
あの作品のように終わることを途中から祈り始めたぐらいなんですが、
・・・そうはなりません。
何と言ってもヘイリーは未成年なので・・・という、
映画的倫理として、そのオチは選べなかった、という気がしないでもないです。
少年少女が犯罪に巻き込まれるのは本当に許せないことですが、
そういうことに鉄槌を下す、という話でもなさそうだし、
この作品で一番恐ろしいのはこのヘイリーという少女の存在だと思いました。
やはりエレン・ペイジは凄すぎる。こんなちっちゃなカラダで怪力過ぎるでしょう!
参りました。


Hard Candy(2005 アメリカ)
監督 デイヴィッド・スレイド
出演 パトリック・ウィルソン エレン・ペイジ サンドラ・オー



ハードキャンディ デラックス版

ハードキャンディ デラックス版

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



タグ:映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。