So-net無料ブログ作成

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー [映画感想−た]

トム・ハンクスとジュリア・ロバーツ・・・と聞くと、
ロマンティックコメディか何かだと思ってしまいそうで、
実際、そのつもりで劇場に入って来たのでは?と思われるカップルが2組、途中退席していました・・・。
宣伝の仕方も、使われているスチールがタキシードにドレスの2人だったり、
オレンジ色の優しげなフォントを使ったタイトルだったりと、ちょっとウソが多すぎる気がします。
実際はコメディ要素はありますが、実話に基づいた政治ドラマです。


テキサス州選出の下院議員、チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)。
美女に目がなく遊び好きの彼は、特にこれといった実績があるわけでもないのですが、
人柄が良く多くの人から慕われていました。
そんな彼が、ある日ソ連のアフガニスタン侵攻を知り、彼の心の中で何かが起こります。
そして、そのチャーリーの様子を察知した、古くからの"友人"で、
強い反共産主義者である大富豪夫人、ジョアン(ジュリア・ロバーツ)。
彼女はチャーリーにアフガニスタンの人々を救うよう仕向けます。
チャーリーはCIA局員ガスト(フィリップ・シーモア・ホフマン)らの助けを借りつつ、行動に出ます。
その”方法”とは・・・?


酒と女が大好き。チャーリー・ウィルソン
charliewilson'swar_1.jpg


80年代の米ソ冷戦時代の状況を把握していないと、かなりキビシイ内容です。
私は当然ながら不得意な分野。
監督やキャストには惹かれましたが、劇場で観ることはないかなあと思っていました。
ですが、ふいに時間ができ急遽コレを観ることになり、始まる前に慌てて予習。
ただ、だいぶ前に町山智浩さんがラジオで話していたことなどが記憶に残っていたのでだいぶ助かり(?)ましたが。

「タイピングは教えられるけど胸を大きくしてあげることはできない」
なんてセリフも登場するほど、チャーリーの秘書はすべて巨乳の美女ばかり。
ガストが初めてチャーリーのオフィスに現れたときの、
この秘書軍団"チャーリーズエンジェル"とのやりとりは、ちょっとしたショートコントのようです。
でも、このシーンでチャーリーと秘書たち、それとガストそれぞれのキャラクターがよくわかります。

ガストを演じるフィリップ・シーモア・ホフマンは、相変わらずのカメレオン俳優ぶり。
もう名人芸と言っていい域に達しています。
それに比べてトム・ハンクスは、どうもそういう巨乳好きなオジサンには見えません。
やっぱりどこか人が良さそうで、スマート。
実物のチャーリー・ウィルソンは、写真を見るといかにもテキサス出のアブラぎった感じの人ですが、
まあ、その辺はあまりこだわることもないのかも知れません。


名人芸
charliewilson'swar_2.jpg


ジュリア・ロバーツ演じるジョアンは当時50歳ぐらいだそうで、
今まで見たことのないハデな金髪に濃い化粧は、実際のジョアンがこういう人なのだそう。
ずっと引きつったような表情だなあと思っていたら、実際”整形美女"らしく、
そのあたりも忠実に再現しているそうです。
出番はそれほど多くはないのですが、撮影当時妊娠していたにもかかわらずビキニ姿まで披露しています。
彼女ももう40歳。これからこういう大人の女性の役が増えてくることでしょう。
ちょっと楽しみな気がしました。


すっかり貫禄
charliewilson'swar_3.jpg


アメリカの他国への干渉は昔も今も、どうしても私には理解できないところで、
このアフガン支援も、チャーリーたちが目の当たりにする難民キャンプの様子などを見ると、
確かになんとかしなくては!と思わせる風景なのですが、
だからといってこういうやり方はどうなんだろう?とも、単純に思ってしまいます。
けれど、ここまで極端なことをやらないと世界は何も変わらないのかも知れない。
あの時、チャーリーたちが何も行動しなかったなら、世界の情勢は違っていたことでしょう。
彼らが援助したムジャーヒディーンの中に若きオサマ・ビン・ラディンがいて、
成長した彼が911テロを起こした、とも言われているのですが、
じゃあチャーリーたちが何もしなかったら、それも起こらなかったのかどうか・・・。
それは誰にもわからないことです。

こういったいろんなことが、この作品では肯定的に描かれているのか、
あるいは皮肉を込めて作られたのか、ということが、
どうしても私のアタマでは理解しにくいものでした。
登場人物はいずれもどこかうさんくさい、けれどみんな実在の人物。
多少の脚色はあるでしょうが、概ね本当にこんな人たちだったのでしょう。
ソ連が絶対悪として描かれているため極右的な印象を受けるし、
どーだアメリカすごいだろー!?と言ってるように見えたりもします。
でも、今頃そんな映画をわざわざ作る意味がわからない。
第一、監督はあのマイク・ニコルズです。やっぱりオカシイ。

見終わって、頭の中にそういう小さい「?」がいくつも残ってしまいましたが、
そのせいか、ずっとこのことを考えている自分がいます。
事実として知ったことは驚くことばかりでしたが、
それがイコール、映画の出来として満足というのとは少し違う。
出来れば、映画の作りとしてびっくりさせてもらえたり、
単純にもうちょっと楽しませてもらえたら良かったなあと思うのは、低レベルな見方なのでしょうか?
これをブラックコメディとして楽しめる素地を持っていない自分を恥ずべきなのか・・・。
やはり政治モノは難しい。勉強して出直したいです。


Charlie Wilson's War(2007 アメリカ)
監督 マイク・ニコルズ
出演 トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ フィリップ・シーモア・ホフマン
   エイミー・アダムス ネッド・ビーティ エミリー・ブラント



チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

  • 出版社/メーカー: UPJ/ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


タグ:映画
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。