So-net無料ブログ作成

「ナチスって何?」に思うこと [miscellaneous]

今日、ネットのニュースで読んだ記事について。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/143950/

「ソ連って何ですか?」「ナチスって何ですか?」の件は、
こう書いた人はそもそもこの「スパイ系作品」を何一つ理解できなかったと想像できます。
また、その理解できなかったことを棚に上げ(?)、
映画の感想に恥ずかしげもなくこう書いてしまったこのヒトは、放っておいてもいいと思うのです。

このニュースで一番気になることは、なぜそういう理解できない人、
自分の無知を恥じ入ることのない人、
漢字が読めない、13字を読み切れない・・・という人たちに、
レベルを合わせてあげなくてはいけないのかということです。
そもそも「若者の映画離れ」の理由は、字幕だけにあるのでしょうか?
昔と違って映画以外の娯楽が増えたというのが一番の理由だと思うのですが。

私は元々、字数制限を言い訳にした「超訳」や「意訳」には違和感を感じていました。
商品名などを日本のものに置き換える、ジョークやギャグを日本のものに当てはめる、
マイルをキロに直すのですら、不自然な気がしていました。
聞こえている音と、目から入ってくる情報の違いが気になり、
その瞬間、気持ちが映画から離れてしまうからです。
それだったら吹き替えで観る方が多少ストレスも少なくなるのではないかと思います。
情報量もグンと増えますし。

ところで吹き替えか字幕かというのは個々の趣味の問題だと思うので、ここでは考えないようにします。
この記事での、字幕を読めない人が増えたせいで吹き替え版が増えている、というのも、
ちょっと違う気がするのですが・・・それはそれとして。

映画を観ることの楽しみは、自分の知らないことを教えてくれることです。
仮に私がその「スパイ系作品」を観に来た"若者"だとします。
自分がソ連やナチスを知らなかったとしたら、
その瞬間は想像力を働かせて、なんとか最後まで乗り切る。
で、感想は当たり障りのないことを書き、
友だちが一緒だったら、残念だけど早めに別れる。
そして大急ぎで家に帰って調べまくる。
あるいは家に帰る前に本屋や図書館、ネットカフェに寄るのもありかな。
とりあえず、コッソリと調べる。調べる。調べる。
・・・うーん、これが普通だと思っていたんですけどね。

何年か前から「イマドキの若者」は、自分の無知を恥じなくなっている、
という話を聞くようになっていました。
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ではあっても、
知らないことを「知らない」と言うことに何の躊躇もない人が増えたと。
これぞゆとりってやつですか?って話なんでしょうけど、
そこに映画業界がレベルを合わせないで欲しい。

映画という文化の中で、字幕もひとつの文化であり、芸術となりえるものだと思います。
だからこそ、間違いだらけだったり不快さすら感じさせる字幕に対して、
多くの人が疑問を持ち、改善を求める運動を起こすということもあったのだと思います。
限られた字数の中で、いかに正確で美しい訳を付けるのか、
それは誰にでもできることではない素晴らしい仕事なわけで、
そのレベルを下げるというのは、文化レベルを下げることでもある。
その結果、逆に一段と「映画離れ」が進むのではないかと思うのですがどうでしょう?
タグ:映画
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

whitered

始めまして。あなたの意見にほとんど同感です。もう一つ付け加えるならば、若い人は今、モーレツに忙しくさせられている現状があるのではないでしょうか。だから、大手シネコンの駄作で間に合わせてしまっていますし、家でDVDを見たり、ゲームで時間をつぶしているのではないでしょうか。選んだり、調べたりする時間がないんだろうと思います。そういうふうにしてきたのは、教育であったり、日本の文化状況であったりすると思います。若い人に限らないかもしれませんが、そのあたり考えていきたいものです。直接には関係ないかもしれませんが、『銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』光文新書 太田直子著が字幕に関する苦労話を書いていて面白かったですよ。
by whitered (2008-05-11 17:47) 

dorothy

whiteredさんはじめまして。コメント&nice!ありがとうございます。
「時間がない」そうかも知れません。
映画というものの捉え方自体も、もう全然違うのだと思いますし。
なんだかとても残念な世の中です。
オススメいただいた本、おもしろそうなので早速アマゾンで注文してみました。


by dorothy (2008-05-12 02:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。