So-net無料ブログ作成

華麗なる恋の舞台で [映画感想−か]

アネット・ベニングがこの作品でゴールデングローブ主演女優賞を受賞、という記憶のみで、
ほとんど期待せず観たのですが、これは観て良かった!
こういうのに出会えると、本当に得した気分になってしまいます。


1938年のロンドン。ジュリア(アネット・ベニング)は名実ともにイギリス演技界のトップ女優。
舞台演出家であり興行主である夫マイケル(ジェレミー・アイアンズ)ともうまくいっていましたが、
連日の舞台に疲れきっており、しばしば夫に当たり散らしたりしてしまいます。
そこに、マイケルの仕事を手伝いにやって来たアメリカ人青年トム(ショーン・エヴァンス)が現れます。
ジュリアの熱狂的ファンだというトムと、あっという間に恋に落ちてしまうジュリア。
とたんに舞台での演技も輝き始めますが、やがてトムが若い女優の卵と付き合っていることを知り、
しかもトムから彼女のデビューの後押しを頼まれる始末。
そこで彼女の取った行動は・・・?


恋は女優を輝かせます
beingjulia_10.jpg


自分の息子ほどの相手との恋で、途端に明るく輝き美しくなるジュリア。
舞台でも完璧な演技を見せます。
しかし、トムの心変わりという予想どおり(?)の展開を見せ始め、
一旦はボロボロになってしまうのですが、
そこでめげてちゃオンナが、というか女優が廃る!ということなのか、
まさに女優魂全開のクライマックスは、とにかく観ていて爽快です。

いわゆる女優ってこんなかも知れない、と思わせる、
自己主張が強く、気ままで、舞台を降りている時もセリフをしゃべっているかのようで、
流す涙もホンモノかニセモノかわからない。
ジュリアのことをよく知っている周囲の人々はそんな部分も含めて彼女を愛していますが、
若い恋人や新進女優からしてみれば、まったく理解できない"怪物"でしょう。


誰よりもジュリアを愛している?夫
beingjulia_12.jpg


その周囲の人たち、友人であるチャールズ卿(ブルース・グリーンウッド。素敵!)や、
ジュリアの身の回りの世話を一切任されているアシスタントのエヴィー、
共同出資者の、何かと口うるさい上にアヤシイ趣味のありそうなドリー、
一人息子や田舎の母、叔母など、ジュリアは実に個性的で良い人々に恵まれていて、
それが、彼女が単なる高慢な女優ではないということを示してもいます。
ジュリアの息子は、初めての恋を母に告白しにやって来たかと思えば、
母親の生活を"ニセモノ"だと断じ、自分はそこに生きていたくないと言い放ちます。
しかし彼が母を心から愛していることも後にわかります。


深い友情?で結ばれているチャールズ卿
beingjulia_13.jpg


最初から最後までアネット・ベニングのまさに一人舞台。
確かにだいぶ年は取りましたが、相変わらずチャーミングで、
恋をした途端に少女のように愛らしくなり、
嬉しいことがあるとケラケラと笑い、とにかく憎めません。
アメリカ人である彼女がイギリスのトップ女優を演じるというのは、
一見ミスキャストのようにも思えますが、
この役は彼女で納得といえる素晴らしさでした。

夫のジェレミー・アイアンズは、こういう軽やかな演技は実にうまい。
妻を妻として愛しているのか、女優であることを愛しているのか、
その辺の微妙な感情を実に良く表しています。
ジュリアとトムの関係を本当に知らなかったのか、
もしかして彼がトムをジュリアに”あてがった”のではないかという気すらするし、
そう考えるといろんな部分で彼もジュリアに負けず劣らずしたたかさであると言えます。

そしてなんといっても楽しいのは、
ジュリアの恩師ラングトンを演じるマイケル・ガンボン!
彼はすでに亡くなっているのですが、ジュリアにだけは"見えて"いて、
彼女の守護霊のようにつきまとい、常に彼女に”演技指導"をします。
彼が言う「劇場の外はすべて虚構、舞台の上だけが真実だ」という言葉を、
ジュリアは否定しつつも、結果的にそれを体現して見せるのです。


心の声?ラングトン
beingjulia_11.jpg


監督はハンガリーの巨匠、イシュトヴァン・サボー。
これまでの彼のフィルモグラフィーからすると、ちょっと驚きのコメディーと言えますが、
登場人物すべてに対する目配せや、観ているこちら側に想像力を働かせる余地の与え方など、
落ち着いた演出力はさすがだと思いました。
先日観た『ヘンダーソン夫人の贈り物』と舞台や時代設定がほぼ同じですが、
あちらはかなり早くから戦争の影が濃く出ていたのに対し、こちらはあまりその影響を見せていません。
一人の女優の生き方を描くことに集中し、あえて戦争を意識させない作りにして、
そのことが結果として"舞台の上だけが真実"という言葉に重みを与えているように思いました。


Being Julia(2004 カナダ/アメリカ/ハンガリー/イギリス)
監督 イシュトヴァン・サボー
出演 アネット・ベニング ジェレミー・アイアンズ マイケル・ガンボン ブルース・グリーンウッド
   ショーン・エヴァンス ジュリエット・スティーヴンソン ミリアム・マーゴリーズ



華麗なる恋の舞台で デラックス版

華麗なる恋の舞台で デラックス版

  • 出版社/メーカー: GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(D)
  • メディア: DVD


タグ:映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。