So-net無料ブログ作成

慕情 [映画感想−は]

クラシック映画が観たくなり『慕情』を観ました。
子どもの頃にテレビで観て、7、8年ぐらい前にも観たはずなのですが、
細部はだいぶ忘れてしまっていました・・・。
正統派メロドラマ、というよりかなりベタなメロドラマという印象でしたが、
それでもラストでは泣いてしまった記憶がありました。


イギリス人を父に持つ中国人ハン・スーイン(ジェニファー・ジョーンズ)。
戦争で夫を失った彼女は、失意の中、香港の病院で研修医として働いていました。
ある日、忙しい日々の気晴らしにと誘われたパーティで、
アメリカ人の新聞記者、マーク・エリオット(ウィリアム・ホールデン)と出会います。
お互いに惹かれるものを感じながらも、
スーインは亡くなった夫への想いと、マークに妻がいることのためらいから、
なかなか一歩踏み出すことができません。
それでも、マークの真摯な態度に少しずつ彼を愛し始めていきます。
彼女には西洋と東洋の両方の血を持つことから来る悩みがあり、
離婚が成立しないマークとの交際を周りからとがめられたりといろんな問題を抱えますが、
愛を育み、そして最後は彼と共に生きることを決意します。
しかしその時、彼は朝鮮戦争取材を言い渡され・・・。


月から雲を追い払うのよ
splendoredthing_1_1.jpg


ジェニファー・ジョーンズが美しい!
中国人の血が入ってるようには見えないのがナンですが。
チャイナドレスもイブニングドレスも、そして黄色い水着姿もとにかく素晴らしく、
彼女を前にしてウィリアム・ホールデンは完全に存在感を失っています。
笑顔は相変わらずキュートですが。
有名な浜辺でのタバコの火を付け合うシーンは、どんなキスシーンよりも甘く艶めいていて、
名ラブシーンとして永遠に記憶に留めておかれることでしょう。

今回観て思ったことは、セリフのひとつひとつがイキで、かつ重みがあることです。
「運命は私たちに何もしてくれない」
「いろんな意味で、君が僕の答えだ」
「考えるより感じるのが人じゃないのかい?」
「神様をだましたい、あなたを奪われないように」などなど。
一歩間違うとクサいセリフにもなりかねないのですが、
不思議にこの二人の口から出てくると、まったくそんなことはありません。
また、スーインの言葉は当然ながら中国人的であること、
例えば「豊作の時には"ひどい米だ!"と叫ぶのよ」といった中国の風習の話や、
来世の話や迷信めいたことなどが、日本人には西洋人に比べて受け入れやすく、
親しみを感じてしまうのかも知れません。


彼の手紙はこれからも来る
splendoredthing_2_1.jpg


また、もうひとつ印象的なセリフが、マイケルからの手紙にある
「君は苦痛と対面するが癒すことができる。僕はそれを見てるだけだ」というもの。
この言葉は、たぶん悲しみに打ちひしがれている中で、
彼女に医師として生きていく力を与えたのではないかと思います。

これは実在する香港の医師、ハン・スーインの自伝的小説が原作だということですが、
この小説は50年代当時ベストセラーだったそうで、
原作は恋愛ものというより、中国が共産主義へと突き進む中、
東洋と西洋両方の血を持つ一人の中国人女性の生き方を描いたものだそうです。
映画の中に出てくる言葉が原作にあるものなのか、
あるいは脚本家の手によるものなのかわかりませんが、
時代背景や、主人公の二人が大人であることもあって、
思ったより恋愛ドラマの甘ったるさをあまり感じさせません。

そして、この作品といえば、主題歌「Love is a Many Splendored Thing」でしょう。
全編にわたって、いろんなアレンジでこの曲が使われています。
当然ながら、この年のオスカー受賞曲。
誰でも一度は耳にしたことがあると思われる超スタンダード曲ですが、
個人的にはナット・キング・コールの歌で馴染み深いです。


Love Is a Many Splendored Thing(1955 アメリカ)
監督 ヘンリー・キング
出演 ウィリアム・ホールデン ジェニファー・ジョーンズ


↓こんなシーンはなかったと思うんだけど?のジャケット写真

慕情 [DVD]

慕情 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



↓お得なツインパック。実は「めぐり逢い」のほうが大・大・大好きだったりします・・・

慕情 + めぐり逢い (初回限定生産) [DVD]

慕情 + めぐり逢い (初回限定生産) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


タグ:映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。