So-net無料ブログ作成

ノーカントリー [映画感想−な]

急に時間がポッカリ空いて、
これはもう映画観るしかないと劇場に走りました。
情けないことにこれが今年最初の劇場鑑賞。
記念すべき一本目は『ノーカントリー』となりました。

現在公開中の作品なので、詳しい言及は避けます。
・・・といってもまったく触れないわけにはいかないので、
気にされる方はこの先、読まないでください。
と言っても、この感覚をどうまとめたらいいのかわからないでいるのですが。

私のコーエン兄弟初体験は『バートン・フィンク』でした。
そのあと『ファーゴ』があって、さかのぼって『ブラッドシンプル』や『ミラーズクロッシング』を観ました。
いろんな所で言われていますが、今回の作品はまったくこの頃に戻ったよう。
あの感覚がすごく蘇って来ました。
わかりやすい共通点はなんといっても血・血・血。
『バートン・フィンク』での、ベッドにジワーッと広がっていく血。
すごくショックだったことを憶えています。
あるいは『ファーゴ』の一面雪景色の中の血。
今回の作品もやたらと血まみれです。


オスカー受賞納得の怪演
no_country_1.jpg


ハビエル・バルデム演じる、無表情で無意味に人を殺していくシガー。
気になったのが、わけのわからない高圧ボンベで一瞬にして相手を殺すのに、
血に触れることを嫌うかのようなシーンが何ヶ所か出て来るところです。
色あせてない、キチンとしたGジャンにパンツ、磨かれているかのようにきれいなブーツを身に着けているシガー。
途中、そのブーツを脱いで歩くシーンさえあります。
(足音を消すのが目的だと思いますが)
この、とにかく異様な殺人者の異様なこだわり。
すべて自分のルールに則って人を殺していき、そこに理由や呵責や、
感情そのものが存在していないかのようです。
それは見ていて面白くもあり、一番興味深い点ではあるのですが、
やはり、なぜこういう人物が生まれたのか、が知りたい気もしました。
単なる殺人マシンでしかない、もしかして人でもないかも知れない。
・・・でも傷を負い、痛そうにしているところ見ると、神経は通っているようでした。

トミー・リー・ジョーンズ演じる保安官が、
ナレーションの中や、実際に部下などに最近の殺人の悲惨さを、不合理さを語る場面があります。
まさに、このシガーはそれを表しています。


主人公は、実はこの人
no_country_3.jpg


この保安官は、武器を嫌い、世の中を憂い、実際何もしていないに等しいです。
大金を持ち逃げしたジョシュ・ブローリン演じるルウェリンと、
それを追うシガーを追いかけますが、結局、いつも出遅れ、何も出来ません。
最後まで観て、この保安官がこの作品の主人公であり、
彼の行動や語る言葉がこの作品の形というか概観であり、
重要な点なのだということには気づきましたが、
よくわからない点のほうが多かったです。
どうしてもシガーの行動に目が行ってしまうし、
次はどうなるのだろう?ということばかりが気になってしまって。
もう一度、この保安官視点で落ち着いて観たいなと思いました。


ずっと、若いニック・ノルティに見えてました
no-country-2.jpg


前半はいろんな話が絡み合い、意味のない殺人も行われますが、
後半はちょっと訳のわからない展開になってしまいました。
私の理解力不足もあるかも知れませんが、
かなり意図的に端折っていたり、殺人現場を見せなかったりします。
そして、最後はポンッと置いてけぼり状態にさせられる感じです。
白黒つけることが目的ではないでしょうし、
コーエン兄弟らしいといえば、まったくその通りなんですが。
終わって、いろんなシーンを反芻し、
余韻を楽しむ・・・には後味の悪い話ですが、
こういうのは嫌いではないので、どんどんこういう感じで行って欲しいです。

それにしても、アカデミー賞なんて取ってしまったことが裏目に出そうな気もします。
こういうのは単館でひっそりやってくれるほうが良いのでは、と思うし。

それから、ウディ・ハレルソンの使われ方はもったいないというかクールというのか。
こういうのも嫌いじゃないのですが。


No Country for Old Men(2007 アメリカ)
監督 ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
出演 トミー・リー・ジョーンズ ハビエル・バルデム ジョシュ・ブローリン ウディ・ハレルソン
   ケリー・マクドナルド



ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション

ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



ノー・カントリー スペシャル・コレクターズ・エディション (Blu-ray Disc)

ノー・カントリー スペシャル・コレクターズ・エディション (Blu-ray Disc)

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray


タグ:映画
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

堀越ヨッシー

はじめまして。
オイラもつい最近見てきました。ハビエル・バルデム怖かったですねえ。彼に限らず他の役者陣の演技も見応えがあり、またコーエン兄弟の演出もまた素晴らしかったですね。
 
単館で上映してくれた方が...とのご指摘ですが、個人的にはやはり多くの場所で上映してくれた方が、大勢の方が見られる機会も増えていいと思いますね。特に地方に住んでる方とかには特に。
 
記事がとっても読みやすかったので、nice!を押させて頂きました。ジョシュ・ブローリン、確かにニック・ノルティに似てるかも...(^皿^)。
by 堀越ヨッシー (2008-03-19 16:20) 

dorothy

堀越ヨッシーさん、初めまして&コメントありがとうございます。

単館上映の件・・・そうなんですよね。
私も単館でしかやってなければたぶん観れなかったハズなんで、
普通のシネコンでもやってくれて助かったんですが、
「えー何コレわけわかんなーい」とかいう声を
出来ることなら聞きたくない・・・というジレンマもあり、なんですよね。
微妙なところです。
by dorothy (2008-03-19 21:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。