So-net無料ブログ作成

リトル・ミス・サンシャイン [映画感想−ら]

ミス・コンテストで優勝するのが夢の、7歳の少女オリーヴ。
彼女の家族はみんなどこかしら、ちょっとヘン。

littlemisssunshine.jpg


パパは自己啓発本を出そうと躍起になっている。
そんなパパにウンザリ気味のママはまともに料理もしない。
ママの弟はゲイで、失恋して自殺未遂したばかり。
高校生のお兄ちゃんはニーチェにかぶれて誰とも口をきかない。
ダンスを教えてくれるおじいちゃんはヘロイン中毒でエッチなことしか言わない。
オリーヴ自身も、ちょっぴりおデブなメガネっ子で、ミスコンに出そうなタイプにも見えないのだけれど・・・。

みんな自分のことに精一杯で、ほかの家族を思いやる余裕なんてない。
だけど、唯一、一番小さいオリーヴに対してだけは、みんな優しく接してくれるのです。
それぞれが、それぞれのやり方で。

そんなバラバラな一家が、オリーヴのミスコン出場のためカリフォルニアに向けて旅立つことになります。
お金がないからワーゲンのおんぼろミニバスに乗って。
道中、彼らそれぞれをいっそう追い込む出来事が次々に起こります。
パパの「事業」や叔父さんの「彼」、お兄ちゃんは夢を諦めざるを得ないような「事実」が・・・などなど、
厳しい現実がみんなの前に立ちふさがります。
おんぼろバスもどんどんおんぼろになっていく。
そうしてようやくたどり着いたミスコンテスト。
その結末はいかに・・・?

個人的にミスコンの部分はちょっと「?」ではありました。
最後まで明かされることのなかったおじいちゃん振り付けのダンスは予想通りだったし、
それに反応する人々の様子もちょっと型どおりな気もしたし。
でも、このダメダメ一家がミスコンへの旅を通して、
大事なものを掴んで、お互いを思いやる気持ちも持てるようになって、
だけど個々の問題は実は何も解決していなくて、
でもまあ、なんとかなるさ、みたいな感じがなんだか"爽やか"な印象も受けました。

私が一番惹かれたのは、筆談しかしないお兄ちゃん。
彼がそうなってしまった経緯もわかるし、「みんな大嫌い」と言いながら(書きながら)も、
誰よりも他者に向けてグッと来るようなことを言い(書き・・・以下同じ)ます。
叔父さんを自分の部屋に泊めるときには「今夜は自殺しないでね」のあとに「地獄へようこそ」なんて言ってみたり、
嘆き悲しむ母のために、オリーヴに「ママにハグして」なんてことを言ったりします。


お兄ちゃんの筆談ノートがポスターに!
Poster2.jpg


とにかくキャスト全員が素晴らしい。
オリーヴ役のアビゲイル・ブレスリン。天才。
昨年のオスカー助演女優賞候補もうなずけます。
アラン・アーキンのちょいワル爺さんぶり。
このおじいさんと孫娘のやりとりはずっと見ていたい気がしました。
ママのトニ・コレットはすっかりアメリカの名女優になっている。
叔父さんスティーブ・カレルはシリアスな役柄だけど、やっぱりどこかおかしい。
走り方がいつもと同じだし。
パパのグレッグ・キニアは相変わらず"ちょっと感じ悪いヤツ"をやらせると完璧。
そしてお兄ちゃん役のポール・ダノは、どっかで見たことある人だなあとずっと思ってましたが、
『キング 罪の王』の(やっぱり)お兄ちゃんでした。
この人はいいなあ。主役を張るような感じではないけれど、
将来いいバイプレーヤーになりそう。


いわゆる"バカルーバンザイ"歩きというか・・・
little_miss_sunshine_1.jpg


それと、『パンチドランク・ラブ』や『キューティーブロンド』
というか『24』のメアリー・リン・ライスカブが
まるでカメオのような感じでちょこっとだけ出てるのが気になりました。
なぜなんでしょう?
ほとんどセリフもないのに存在感があるのがスゴイ。


Little Miss Sunshine(2006 アメリカ)
監督 ジョナサン・デイトン ヴァレリー・ヴァリス
出演 アビゲイル・ブレスリン グレッグ・キニア ポール・ダノ アラン・アーキン
   トニ・コレット スティーヴ・カレル



リトル・ミス・サンシャイン

リトル・ミス・サンシャイン

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


タグ:映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。